地震が怖すぎます。

地震229閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(6件)

0

猫のケージは固定必要無いでしょう。 貴方の環境なら必要なのは自宅の耐震性だけでは? 耐震診断は受けても良いですね。 浜名湖の内部で大津波なんか来ません。 2kmなんて崖崩れでもない限りはスーツケース転がしてもサッと移動できるでしょう。

0

避難所は狭いから荷物は最小限になります。何もいりません。3日間は食べないでごろ寝してください。助かる事が大事です。三陸地震を見てください。1秒でも早く避難してください。なお、今日は地震が多いです。あすの朝7時30分頃の地震には気をつけてください。避難指示がなければする必要はありません。

0

静岡県は、南海トラフの政府想定死者10万5千人から、2022年までに2万1千人にまで減らすべく努めていますから、個人としても助かるための自助努力を尽くすべきです。 【防災最前線】南海トラフ巨大地震 想定死者数を減らせ!残る課題は? (SBD News) https://m.youtube.com/watch?v=NzDtz_MNTv0 静岡は南海トラフというか駿河湾の近くは駿河トラフとい名前になるトラフと、相模トラフの両方がある地震ハイリスク地域ですね。 https://www.jishin.go.jp/regional_seismicity/rs_chubu/p22_shizuoka/ フィリピン海プレートがユーラシアプレートと北米プレートの下に沈みこむプレート境界、ですか。これで、地震なんか気にするな、とは現実逃避の弱者ですね。 どうせ大震災すなわち天災が来たら死ぬのだから対策なんか取っても無駄無駄無駄! という事なのか根拠も無く自分は大丈夫と思っているのか。影響を受け付和雷同する事は無いと思います。 まずは情報収集。例えば以下の書籍は比較的新刊だけど、 猫と暮らしている人の やさしくわかる防災と避難 https://www.amazon.co.jp/dp/4816368566 内容はコロナ前ですね。 コロナ対応の愛猫避難ノウハウ本は無いので、図書館でこれか、無ければ類書を読む。 ペットと避難、というわけではない避難ノウハウ本なら、コロナ対応のもあるので、それも読む。いずれは、ペットとコロナ両対応の本が出ると思う。 とにかく、コロナ前の防災の常識は通用しなくなって変えなければいけない点も多いので、要注意です。 それで、実益を兼ねた趣味として、防災に取り組んでみませんか? 書籍を読んだり、実践として避難シュミレーションで電気ガス上下水道インターネット無し、店で買い物も無しでやっていけるか訓練してみる。キャンプブームのおかげで焚き火で調理しても変人扱いされなくなりましたので、可能ならできるようにする、などです。

0

地震でたくさんの人が亡くなるというのはウソだと考えていいです。対策と準備ができています。 10代20代はいろいろなことで不安になる年代です。地震のことを不安に思う人も多いでしょう。ネットには地震のウソがたくさん流れていますのでそれを見ることも多いでしょう。大地震がこの世の終わりだというウソもたくさんありますね。 かかりつけのお医者さんか学校の保健室で相談するのがいいでしょう。専門知識を持っている人に不安とどうつきあえばいいかを一緒に考えてもらいましょう。 自分の地区のリスクを確実に知ることも大事です。市役所がネットで公開している防災マップをよく理解することがいいでしょう。例えば地震後に自宅に住めなくなった人がいく避難所と、津波から逃れるために短時間滞在する避難場所は役割が違いますし、場所も違います。

1

避難所はあくまで避難所ですよ。 なんかあった時に落ち着ける場所、なにかあるその瞬間に居とかないといけない場所じゃない。 ハザードマップに避難経路ないかな、もしくは自治会が作った経路図、基本的にはそれを下見しておけばOK 猫連れて逃げるって言うけど、ゲージ二つに持ち出し袋抱えて逃げれるの? しかも避難中に自分に何かあったら猫はゲージに取り残されたままになるんだぜ?それに猫って弱くないから、閉じ込めてない限り自分で何とかするよ、あいつらマジで強いから、しかも家に戻ってくる。 はっきり言っちゃうと家族に防災意識がないんじゃなくてほとんどの日本人そんなものなの、そして防災意識持ってる人も、避難場所と避難経路、避難の手順確認して物資用意したらそれで終わり、というかそれで充分。 ちょっと自信に対して脅迫的になってるよ、家族もそれを感じてこまってるんだよ。 実のところ持ち出し袋用意してるだけでも意識高いんだけどなあ。 災害に備えるのはいいことだけど、それを気にしすぎて生活遅れなくなったらダメじゃん、怯えるにも正しく怯えないとね。

1人がナイス!しています