ID非公開

2022/1/4 18:02

77回答

西日本に住むとしよりです。フランスのオピネルナイフが高価になり買いにくくなったのはなぜでしょう。むかしはあちこちで安く売られていたのですが。気楽に買えたのですが。

ベストアンサー

0
ID非公開

質問者2022/1/7 17:51

うむ、わかります。さびますよね。こまめにこすりつけないと。 知人に、ナイフなら釣具店で買えと忠告されたことがあります。それが一番でしょうか。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうみなさん。

お礼日時:1/22 12:48

その他の回答(6件)

3

フランスでも値段が上がっています。 ただ、あちらでは給与所得も並行して上がっているので、 困っていないだけの話です。 日本は労働賃金が上がらず(OECD最下位グループ)、 物価だけ上がっているので、高くなったと感じるのです。 オピネルは輸入品ですから、特にそう思えるのでしょう。 まあ石油も食糧もみんな輸入に頼っていますから、 日本人の主賓購買力はどんどん低下する一方です。 うちの近所にあったエディ・バウアーが閉店しました。 日本市場から撤退したのは、日本人に買う力がなくなり、 ビジネスとしてうまみがなくなったからです。 フォード自動車、ヴァージン・アトランティック航空、 イベリア航空などもそうです。 https://toyokeizai.net/articles/-/458676 https://www.oecd.org/tokyo/statistics/average-wages-japanese-version.htm

3人がナイス!しています

1

①コロナ禍で俄キャンパーが、激増したこと。 ②海外との物流環境・効率が著しく低下したうえ、食品や日用品、生活必需品、情報関連産業のニードが優先され、レジャーや趣味・嗜好に関連する製品の物流が後回しにされたこと。 ③憶測になりますが、フランス政府のコロナ対策により、オピネルの就業体制の変化などから、工房に於ける生産量・出荷量の減少した可能性があること。 これらの複合的な影響だと思います。

1人がナイス!しています

0

私も あの価格で憤慨の一員ですよ 昔は販売員だったので 売ってる側でしたが いわゆる向こうの肥後ナイフ 安価でこそ価値があるものですからね 今は魅力を全然感じません。(数本所有してますが) オピネルだけじゃなく キャンプ全般が高くなりましたので 仕方がないかもですよ コールマンのランタンや 特に2バーナーなんか 1万しないで買えたのに 2万近くしますからね〜〜〜 復刻系ランタンなんか 5マンくらいしてて びっくりですよ。 キャンプは 非日常と言いますが・・・・・違う意味でもなあ〜〜苦笑

1

高いと言っても数千円ですが。 買えなければやめておけばいいでしょう。 万能包丁の方がずっと使い易いです

1人がナイス!しています