回答受付が終了しました

ID非公開

2022/1/6 9:27

99回答

20代でコンサルタントなどで起業してる人はどうやって会社を運営しているのでしょうか??

起業224閲覧

1人が共感しています

回答(9件)

0

現在40代で20代の時にコンサルタント会社を立ち上げた方を知っています。 その方は中小企業診断士でマーケティングに強い方です。 具体的にリスティング広告などで収益を上げています。 昨年までは1人で運営をしていたと思いますが、 2021年は経産省の事業再構築補助金事業で17社の採択に漕ぎ着けています。 コンサル料金は補助事業の5〜15%くらいです。 2021年から社員を入れたようですが、その中小企業診断士は 広告文やビジネスセンスが良かったのですが、 今季も依頼しようと思っていたところ若い社員を担当に付けられ 話が噛み合わず発注を躊躇しています。 コンサル業は中小企業診断士または金融に強い人しか難しいかと思います。 例え能力があったとしても社会経験の少ない人に発注することはないです。 ご希望の答えでは無いかも知れませんが現実です。

0

それこそ良いコンサルを見つけて「お金を払って」聞くもんです。 コンサル業はそれで成り立っていますので。

1

まさに「どうやって運営していこう」と常々思ってますよ。なぜならプレイヤー経験がないから。 だからコンサルなんて説得力がありませんし、クライアントにもいずれ捲られます。 捲られ続け、心が折れギブアップした自称起業家を何人も知っています。 普通はノウハウを身につけ→起業です。 故に「どういった職業が安定?」は質問として成立しません。

1人がナイス!しています

0

長野広稔さんの場合、与沢翼の様に情報商材詐欺ビジネスを軸にして、釣れた情弱からコンサルタントと称して金を搾取していたようです。 20代の頃はその様なスキームで年間8000万程度稼いでいたこともあったらしいです。 但し、30代になっている現在、生活に困窮し、一説では日雇いの派遣をやっているそうです。 やはりというか、能力の伴わないコンサルタントというのは、何れはボロが出て自分の首を絞めることになるのかもしれません。 自分が自信を持ってプロを自称出来る得意分野で、誠意をもって顧客のためにコンサルタントすることが大切なポイントなのかもしれません。

2

どうやってと疑問に持ったならその疑問の答えを自分で調べることです。 そういう事が基本として出来ない人は結局人の意見ばかりで価値提供出来ない人です。 調べる力くらいつけましょう。

2人がナイス!しています