ID非公開

2022/1/6 10:16

66回答

ピアノ 小3の娘ですが、さらっと弾いてしまいます。

ピアノ、キーボード | クラシック1,069閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(5件)

0

奏法がどうだとかってのは素人なのでよく解りませんが、まだ小3なんでしょ? 正確な音が刻めて、左手と右手のバランスが良いのであればこれからだと思うのですが、素人だけに・・・ 表現力ってのは人生といっしょで経験がものをいうのでは? 今は耳からいい音楽を経験する段階のような気が・・・ 素人との意見でした。

0

娘も小3で、質問者様のお嬢さんと同じタイプです。 指は動くけれどルバートや音色の使い分けは指導されなければ本人の意識が向きません。 一年以上モーツァルトを学習しておりますが、第二楽章が苦手。表現力に幅がありません。 ピアノをどう歌わせるかが課題でした。 古典派は一旦休み、ロマン派に進むため、ギロック叙情曲集を取り入れたら、突然ピアノを歌わせることにこだわり、表現力や、ルバートも楽譜通りに、又はオリジナルで、と楽しんでいます。簡単で短い曲なので、自分なりの表現をたくさん試せることで表現する楽しさがわかったのかも、、 最近はショパンのノクターンやワルツの叙情的な曲をメロディーの歌わせ方を試行錯誤したり 音色や和音の美しさをよく聴き味わう、、ということが自然にできるようになってきています。 古典派はそもそもルバートをやりません。 ロマン派の曲を少し取り入れてはいかがでしょうか?

ID非公開

質問者2022/1/11 13:36

一応、バロック、古典派、ロマン派、近現代と万遍なくやっているつもりですが、始めてショパンのポロネーズ遺作ト短調を弾いた時に、テンポルバートの難しさを実感しました。確かにどちらかというと古典派が一番得意かもしれません。バロック期の2声3声は出来るのですが、縦の意識が苦手そう。近現代は子供なのでバルトークとかはよく弾きました。ギロックはこどものためのアルバムで練習しました。ワルツエチュード以外は譜読みしたことがあります。ロマン派(もしかしたらショパンが苦手?)は避けて通れないので色々感じながら弾いていってほしいと思います。

0

CDで良いので、良い音楽を沢山聞かせて引き出しを増やす。表現の貯金を作ってあげることも大事だと思います。 特に、オケの曲は様々な楽器の音色を知るのに重要ですね。

0

グレン・グールドは、レガート奏法を嫌った。 いくら教師が矯正しても、治らなかった。 あなたの娘さんが、グレン・グールドのような世界的ピアニストになるか、それとも、単なるピアノ弾きでとどまるか。 それはわからない。