中学一年生からアナログでイラストを描いている者です。

補足

申し訳ないことに、どうやら言葉不足だったようなので補足致します。 私自身、1度会社に就職してから独立することも視野に入れておりますし、印刷の形態などの話も伺っております。 しかし、誤解を恐れずに言わせていただくと、そんなことは些細な問題であり、いくらでも調べれば出てきます。 私が聞きたいのは、『4年間で独立を視野に入れることができるくらいの最低限のお金を稼ぐことはどこまで現実的か』という事で、将来の目標が年収200万ということではありません。そしてこれを達成するために、企業からの依頼だけで無く(そもそもそんなものが来るのか)、YoutubeやPixivでもなんでも使う覚悟はあります。 そのために、具体的な話を聞きたかったのです。

将来の夢 | 絵画618閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

回答ありがとうございます。 補足にも書いた通り、私が年収200万円と言ったのは、大学を卒業した後に絵で食べていけるのかを知るためのひとつの指標としての話でしたので、絶対に200万円を稼がなくてはいけない! ということでありません。 その上で、『大学4年間の間にこういうことをするべき』などのアドバイスがあったら、是非伺いたいです。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

目標を達成するための具体的な方法から、返信にまで丁寧にお答え頂いたので、こちらの方をベストアンサーとさせていただきます。 その他にも多くの返信、ありがとうございました!

お礼日時:1/13 18:44

その他の回答(9件)

1

最近の依頼はTwitterやpixivからくることが多く、フォロワー数が指標になっていることもあるらしいです。おそらくボーダーは10万程度かなと思うのですが、近年イラストレーターのインフレが進んでますので数年経つとこの指標も上がってくると思われます。大学生までのうちにフォロワーを増やしておくと仕事も来やすく、skebなどでファンからの依頼が来るかもしれません。 ジャンルをオリジナルにして同人誌で稼ぐのもありだと思います。 フォロワーの増やし方についてはさいとうなおき先生が詳しく説明しているのでそちらを見るのをおすすめします。

1人がナイス!しています

1

年収200万なら余裕じゃないですか。 イラストレーターが稼げない、なんてことないと思いますよ。 私はアニメーターですが 年収200万だと10年以上前の駆け出し出来高原画マンの年収ですね。 作画監督をやるようになると収入は2倍に増えます。 総作画監督をやるようになると3倍に増えます。 キャラクターデザインをやるようになると4倍に増えます。 アクション、キャラクターデザイン、総作画監督と作画として何でもこなせるようになると5倍程度です。 ただ描く人のスピードに大きく左右されます。 アニメ監督や1人原画など出来るような特別なアニメーターなら 年収1500~2500万の人も居てるみたいですよ。 今時、アニメーターでも一部はそのくらい稼げるので イラストレーターなら年収200万なんて余裕で稼げるんじゃないですかね。 10年以上前の駆け出し原画マンの年収です。 高校生でも稼いでますよ、きっと。

1人がナイス!しています

勿論上には上がいます。 自分だってイラストで食べていきたいと考えている者の1人なので、自分が天才的な才能を持っていて、社会に出たら1発で売れて4桁稼ぐ...ということを夢見ることは少なくありません。 ですが、現実というのは無情ですので、必ずしもそう上手くいくとは限らないわけです。 そのために、比較的自由時間の多い大学生のうちから準備をしていきたいと考えました。 その上で、大学生の間にこういう準備をすると良いよ、などのアドバイスがあれば是非、伺いたいです。 その

1

2年以上前、つまりコロナ以前からそうゆう仕事が出来ればいいな!と思ってまして、描いてたら、ガガーン!と来まして、クライアントと僕との差が生じまして、これでは描けない!とかになりまして、以前の職場に戻りました。 僕もアナログ派でして、何でも描けますが、さすがに年収200万は無理ですね。 とにかく、何でも描けなくては駄目なんですよ。あれ描け、こうゆうのを描けの世界ですからね。 夢に出ますよ。次の春に向けての絵とかね。 とにかく、春と言えば、桜、花見とかですよね。果たして、出来るのか?どうかですね。秋には、やはりコロナで絵画展そのものが中止になりましたからね。 再び、描き直すしかありませんしね。 僕より発言上で上手いとするなら、相当上手い筈なんですが、年収200万円は厳しいと思いますよ。 こいつ、上手いな!ってのもメルカリで失敗してましたしね。

1人がナイス!しています

1

在学中にpixiv総合ランキングのランカー常連やコミケのシャッターサークルになれるくらいの人気と知名度を獲得すれば自ずと仕事はやってきますし、流れ的にはフリーでやっていける可能性は出てくると思います。 何を活用しようが結構ですけども、投稿者様が描くイラストに高い魅力と商品価値があることを前提にした話になりますので、そこをクリア出来ないのなら現実的ではないという結論に至りますし、仕事を貰う以前の問題になるでしょう。 なおpixivのランカー常連になると、自分で営業をしなくとも普通に仕事は来ます。 また投稿者様が夏冬コミケのシャッターサークルのレベルにまで到達すれば、夏冬コミケと「メロンブックス」や「とらのあな」販売で数百万から1千万は稼げるようになります。 このシャッターサークルについて漫画家兼イラストレーターの比村奇跡さんを例に挙げますが、この方は毎週月曜日にTwitter投稿した「月曜日のたわわ」で人気に火がついて、現在ではコミケ即売30分で120万を売り上げるまでに至っています。 余談ですが、比村奇跡さんはフォロワー数も100万超えと、同じく漫画家兼イラストレーターとしてTOPを爆走する「よむ」さんといい勝負しています。 ちなみにデジタル環境への移行ですが、PCをお持ちならCLIP STUDIO PAINT月額480円と6,000円程度のワコム製板タブを購入すればすぐにでも始められますので、早い段階からデジタルに慣れていたほうが良い気がします。 最後に、イラストしか描けない人は仕事が限られてしまって収入が非常に少なくなりますので、漫画を描けるようにしたほうが絶対に良いです。

1人がナイス!しています

1

現実的かと言われたら十分現実的です。 年収ですよね。手取りじゃなくて額面ですよね。 ってことは単純に200÷12で、月16~7万円。 企業案件を月に1~2本こなせば10万にはなります。 そこに個人依頼やfanboxなどの有料コンテンツなども並行してやれば、それくらいは稼げると思います。 当然、企業案件がくるレベルの実力があるという前提のうえで、です。 もちろん、大学の忙しさや、質問者様の筆の速さなどにも拠ります。 理数系だったり、デザイン系薬学系医学系など、実習や課題の多い大学だと両立は厳しいかもしれません。 でも、「普通の人には絶対不可能」というほど無茶な目標ではありません。 具体例・・・?はよくわかりませんが、私がこなしてきた仕事だと、本の表紙で10万くらい、ラノベなどモノクロ挿絵もあるなら、まとめて15~25万くらい。 ゲームのカード絵で8~15万/1枚(ただし差分とかいろいろ込み)くらい。 MVイラストなどは安いことが多いけど、1本分ならざっくりいろいろで10~20万円くらい?(ただ複数枚の値段です) skebなどは1本1~3万くらいに設定する人が多いようです。 個人依頼でも、1枚に3~5万くらい出す人はいますし。 (ただ質問者様が大学生になるころは、イラストの需要分野も変わってると思うので、どこまで参考になるか不明です) 大学と両立するなら単価が安くてもskebなどの個人依頼で回した方がいいとは思います。というのは、修正が発生しないからです。(skebは規約で決まっています。個人依頼の場合は自分で修正対応不可おまかせのみと決めればいいでしょう) 絵にかけられる時間が少ない場合、クライアントとのリテイクのやりとりはかなりの時間ロスになります。

1人がナイス!しています

200万はあくまで、大学を卒業したあとに、フリーランスでやっていけるかどうかの指標程度ですので、そこまで厳密でなくとも大丈夫です。 大学1年からいきなり個人案件が来るとは考えづらいので、PixivやTwitterで知名度などを上げていきたいと考えているのですが、fanboxとは実際どれくらい稼げるものなのでしょうか?