オーディオの素人です。 素朴な疑問ですが、ヘッドホンはステレオ対応の場合、左右で、「R」「L」チャンネルになっていますが、左右のドライブユニットは、同じ性能(周波数特性)のモノですか?

オーディオ | 工学492閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

回答有難うございます。 いろいろな方からご教示いただけて、感謝です。 左右の耳まで到達するのは、「同じ条件」てことですね! なるほど! この質問の前にも、バイノーラルについても、調べたり、質問したりしてますが、外耳道、鼓膜で形成する管は「閉塞共鳴管」というそうで、人間の耳は、生活生存するための進化の結果、4kHzと8kHz付近が良く聴こえる特性なんだそうです。 この特性も左右の耳の共鳴管の形の違いで、微妙に異なるのは理解できます。 ※ 自然界の動物も生態が異なり、一番良い形や特性の耳に、何億年もかけて進化してきている訳ですしね! ご指摘のように、耳の特性に合わせて、左右のドライブを変えるマニアックな人がいても、不思議ではなきてすね!

ThanksImg質問者からのお礼コメント

似たような素朴な疑問を持たれた方をベスアンとさせていたたきました。

お礼日時:1/9 0:20

その他の回答(6件)

0

>左右のドライブユニットは、同じ性能(周波数特性)のモノですか? メーカーは同じになるように作るでしょう。 「誤差」程度の個体差は出てしまうでしょうけれど。 >それとも、アンプからのステレオ低周波信号に合わせて周波数特性が異なりますか? 普通「特性」とは そのものに固有の性質です。 アンプからの低周波信号に合わせて変化してしまっては「仕様書」も書けないでしょう。

回答有難うございます。 他の方にもご教示いただきましたが、ソースがいつも決まった曲とかなら、アンプからの信号はいつも同じ固有のパターンなので、ヘッドホンのドライブもそのためだけの特性のモノを作っても良いが、いろいろな曲を聴くのであれば、どんな音も出せるドライブが必要ってことですね!

0

聞く曲がたった1曲なら、その曲に最適な左右のドライバーが使えます。 しかし、実際にはたくさんの曲を聞きますから、左右とも同じドライバーを使うことで、どのような曲にも対応出来るようになっています。

回答有難うございます。 ステレオ音声は、楽器や歌手の位置、またそれ等の周波数とか位相によって、音が立体的に聴き手に聴こえるのだと思ってましたが、曲の作りた方でそういう音楽になるということでしょうか? 予め好みの聴きたい曲のステレオ的な特徴が分かっておれば、カスタマイズされたヘッドホンで聴くのも可能ということですね?

0

同じで無いといけないということは無いのですが同様特性の物が使用されます。

1

左右の周波数特性は同じでなければステレオとは言えません。 最近はモノラルのBluetoothスピーカー2台でステレオ再生できるものも出ていますが、この場合も、2台まったく同じスピーカーを揃えなければステレオ再生は難しいでしょう。 例えば、センターで歌っている声は、左右のスピーカーの間の「真ん中」から聞こえてきます。 それが出来るためには、左右のスピーカーの特性が揃っていなければならないのです。 いわゆるコンボでは、左右に同じスピーカーが付いています。 またバラ売りのモニタースピーカーは1台単位で売っていますが、普通は2台セットで買います。(この場合、違う機種を組み合わせない)

1人がナイス!しています

回答有難うございます。 なるほど! 左右のスピーカーの特性が同じでないと、音が定位に来ないってことですかね? 当たり前の様に思っていたことでも改めて疑問に思うと、いろいろなことに気付かされて感激ですね! ステレオ・・・少し勉強してみます!

1

左右の周波数特性は同じでなければステレオとは言えません。 スピーカーやアンプなども同様です。 >アンプからのステレオ低周波信号に合わせ~ というのは意味不明ですが、左右の信号が同じだったらステレオになりません。 周波数特性が同じということと信号が同じということは別問題です。

1人がナイス!しています

回答有難うございます。 アンプ側は左右チャンネルでステレオ低周波信号ですが、受け取るヘッドホンのドライブユニット側は、同じ特性な訳ですね! ・・・よく考えてみれば、量産品としては当然てすね! アンプからの信号の周波数特性がステレオの左右差なら、ヘッドホンも同じ特性でも良いかと思いましたが、必要も無いし、造るのも難しいですね! そういえば思い出しましたが、昔、FM放送を聴いていたら、定時?かに「ステレオチェック」とかあって、「R」「L」信号を出してましたね! 今もやってるのかな?