戸建の賃貸物件を探す時に、断熱性を重視したい(冬は暖かさを逃さず、夏も無駄に外気を吸収せず快適な家)場合、 どのようなことを確認するとわかるのでしょうか?

賃貸物件 | 不動産65閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

より具体的にありがとうございます! 窓枠、玄関の負圧、年代について注目しようと思います。 他にも家に関する本を読んで勉強しようと思います。 わからない中でも自分でチェックできる項目を教えていただけたのでベストアンサーとさせていただきます!

お礼日時:1/17 8:39

その他の回答(2件)

1

壁や天井部にどの厚みの断熱材がどれくらい入っているか・・・は、戸建賃貸を貸し出す所有者でも知らないと思います。 増して賃貸仲介の営業担当に聞いてもチンプンカンプンで「確認してみます」とは言うものの家主に聞いても分からない、感覚的には寒さ・暑さは感じにくい(個人差)を主張するだけで、実際に住んでみないと分からないでしょうね。 購入する物件であれば、建築会社に確認するとか、実際に屋根裏を点検口から見てみたり程度は出来ると思いますが、正直見たところで「ふぅ~~~ん??」って感じだと思いますよ。 寒冷地なのか、日当たりの良い向きの建物なのかなどでも違いますし、断熱材の量だけでなく、屋根や壁の素材、厚み、空間(空気の対流)、使用方法などでも変わると思いますし、断熱効果が良い・悪いの判断は個人差でもあると思いますので結論はでないと思います。 曖昧な回答で申し訳ないですが、参考になれば幸いです。

1人がナイス!しています

ご回答ありがとうございます! つまり、住宅の断熱性(というか快適性)に対して一定の数値基準が無いということなのですね。 ドイツや北欧の友人宅は、暑さの感じ方の違う2人でいても大変快適でしたので、日本でも快適な物件が増えればと思います。 よほど勉強しないと購入の際ですら、自分の感覚での快適性を得られ無さそうですね。 参考になりました、ありがとうございます!

1

賃貸の場合、建物の工法や建築確認を確認して募集をしません。 なので、正直聞かれても分かりません。 としか言いようのない質問だったりします。 簡単に確認できるとしたら、建築したメーカーと築年数。 そこから計るしかないでしょう。 昭和の建築物はよほどの事が無いと条件を満たさないのでそもそもアウト そこそこのハウスメーカーでも、その様な建物は、平成の後半に入ってからです。 戸建で探すのは難しくなると思いますよ。 条件を満たすためには、建築に詳しくないと駄目です。 なので、やりようとしては、ハウスメーカーの仲介会社を利用すれば 探しやすくなるかもしれませんけど・・・・賃貸部門は少ないので 希望のエリアに物件を探す事は相当難しくなるでしょう。

1人がナイス!しています

ご回答ありがとうございます! 建築したメーカーと築年数(平成15年以降)が目安、ということですね。 やはりかなり専門的な内容とわかりました。これから省エネの時代が来そうなのでいち早く時代に乗っているメーカーを見つけておきたいと思いました。 ありがとうございます。