どうしてゴッドファーザーよりも凄い映画が出ないのでしょうか?

外国映画 | 映画189閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

リスクヘッジを "最も" 欠いたハリウッド作品だから「凄い (スゴみがハンパない)」のかも知れません。 実績の無い新世代監督の抜擢、マフィアからの脅し、のちに伝説的存在となる豪腕プロデューサー(ロバート・エヴァンス)の参加、ハリウッドでのニーノ・ロータ初起用、人気を失っていたマーロン・ブランドの起用(ならびに彼の完全復活)、パラマウントの反対を押し切って起用した無名の新人=アル・パチーノの起用(ならびに彼を一躍有名にした迫真の演技)、などなど、ゴッドファーザーは、とことんリスキーだった作品です。 たぶん、関係者が本当に命がけ、限界突破、捨て身で作った作品だったのでは。で、そんな映画がその後存在しただろうか??マッタク頭に浮かびません。

あ、たとえば『地獄の黙示録』がありますね。 日本人プロデューサー=原正人(ヘラルド映画)による緊急出資が無ければ撮影が頓挫していたなどなど、あれは、読みの甘さによってアクシデントが頻発した(だけ?)という映画でした。