ID非公開

2022/1/9 1:42

33回答

デジタル音楽でのサンプリングレートについてです。

DTM | オーディオ225閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

2
画像

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

画像付きでとてもわかりやすい解説ありがとうございます! とても考えさせられました、、 勉強させて頂き、とても参考になりました!

お礼日時:1/17 9:58

その他の回答(2件)

1

曲編集ソフト WavePad(有料版)を使ってアップサンプリングを行っていますが、データー上でもキチンと96khzとして扱われますし、曲自体も多少滑らかに感じます。 ただ、大きな期待は禁物で変化量は僅かですよ。 因みにそれを鳴らす機材は普通の人の手の届かない高価な物を使っており、それで感じる程度ですから、一般普及品(100万以下)だと殆ど分からないかもです。

1人がナイス!しています

1

48KHzデータを96KHzにアップサンプリングした場合、何もしないと折り返しひずみが盛大に発生してしまうのでオーバーサンプリングフィルタをかけます。 デジタル演算で行うので通過帯域もバンドパスフィルタの合成で作成されるため、周波数特性が平坦でなくなります。どの程度の次数のフィルタで演算されるかで平坦度が決まってきます。良好に設計されたフィルタで3000次くらいのものだと平坦度は 0.0001dBを下回ると思います。適当に設計されたフィルタではでこぼこになり音質を大幅に損ねます。 というわけで、使うソフトに音質が依存してしまうという欠点があります。

1人がナイス!しています