ビートルズについてです。ジョージ・ハリスン自身の曲である「While My Guitar Gently Weeps」なのですが、何故ギターソロを自分ではなく、エリック・クラプトンに弾かせているのでしょうか?単にギターテクニックが

洋楽215閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ソロに関しては、エリック自身の言にあるように「ビートルズの過去作品のギターサウンドのようにエフェクトをお願いした」とのこと エリックからすればあのフェイザーっぽい音がビートルズギターサウンドだったんでしょう 個人的にはそんなサウンドどこにあったんだ?と思いますが ギターのフレーズ、音選びもエリックからすればビートルズっぽいだろうってことなんでしょう これは納得できますが、音の移動にはやはりテクニカルな面と経過音の大クセがでていますね ということで個人的には、誘われたエリック側の意図とソロ構成は一部納得しています

その他の回答(6件)

0

「僕はビートルズのアルバムに新しい風を吹かせたかったんだ。クラプトンは僕らにはないテクニックと感性を持っていたし、僕はそんな彼のテクニックと感性に惚れこんでいたから、僕のかいた曲を彼の感性で受け止めてもらって自由に弾いてもらったら、面白いことになると思ったんだ。結果として、とてもよい化学変化が生まれたと思っているよ。」

0

最初ジョージは自分でソロを弾いてみたのですが、自らボツにしています。一説によるとジョンにも頼んだのですが結局うまくいかなかったという話もあります。 「While My Guitar Gently Weeps」は曲名の通りにギターが泣いていないといけませんから、泣きのギターを最も適切に弾けるのは自分ではなくクラプトンだろうという作曲家としての冷徹な判断だったのだろうと思います。 ただしジョージはクラプトンの演奏すらそのままの形では満足しなかったようで、後から音をいじっています。それだけ曲作りに真剣だったということなのでしょう。

0

事情は他の方の回答のとおりかと思います。 あのギターフレーズは、クラプトンが自ら曲を聴いて編み出したもので、ジョージが楽譜を渡したわけではありません。だから、単にテクニックの問題ではなく、ああいったフレーズはクラプトンにしかできないからお願いしたと思います。

0

ビートルズの中で なんとか存在感を示したかった ジョージは まず、インドを使いました。 次に存在感を示す為に使ったのが エリックです。 当時のエリックは ナンバーワンギタリストで ビートルズにいちばん欠落していた インプロビゼーションのテクニックとスキルを 持っていましたから、 エリックの存在感は レノンマッカートニーに 衝撃を与えるには 充分な効果をもたらしました。 エリックがスタジオに 登場すると レノンマッカートニーは いつもと違う雰囲気に豹変したとのこと ジョージの目論見は 想像以上に レノンマッカートニーに インパクトを与えたようです。 したがって、 エリックの採用のポイントを 箇条書きにすると ①エリック採用で間接的に ビートルズ内にジョージの 存在感を与える事。 ②ジョージよりギタリストととして 遥かにテクニックとスキルのある ギタリストにギターソロを弾いてもらい 間接的にジョージの存在感を ホワイトアルバムの中で示したかった事。 ③レノンマッカートニー天下のビートルズに エリックというインプロビゼーションの名手に スタジオに来てもらいレノンマッカートニー天下のビートルズに風穴をあけたかったという事。

0

この時のビートルズの仲は最悪でした… 4人と仲の良かったクラプトンを参加させる事で、グループの雰囲気の悪さを少しでも緩和したかった様です。