ID非公開

2022/1/10 6:56

1515回答

発達障害の後輩が研究室に入ってきているのですが、 指示通りに動けないのでものすごく困っています… そこでふと疑問に思うのですが、彼らはどうして大学に入れたのでしょうか?

発達障害 | 大学1,040閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

2人が共感しています

ベストアンサー

6
ID非公開

2022/1/11 17:42

6人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/1/12 5:02

2次障害ってよくわからない障害ですよね。もとの発達障害とどう切り分けたらいいかがよくわかりません。発達障害とは違い治るのでしょうか. おっしゃるとおり、抱えきれない部分は、本人が心療内科に行くなりして、少しずつ改善して行けばいいと思うのですが、それをしてくれれば苦労はしないんですよね。

その他の回答(14件)

0

所謂メタメッセージがわからないのであって 指示通りにやらない…からではなく指示通りにやるから困るのでは 私の以前の後輩も花壇の除草を頼んだら花ごと全部抜いてしまいました 券売機の料金を回収するつもりで「券売機の料金箱持ってきて」と頼んだら空の箱持ってきました

ID非公開

質問者2022/1/16 12:36

そこの部分が思いもよらないんですよね.

2

指示通りに動けないと言っても様々な原因がありますね… 一つは 言っている言葉をそのまま受け取ってしまうタイプです。 例えば、「お風呂見てきて」とお母さんに言われたとします。 見に行った時、お風呂から水が溢れていたら?普通はお風呂を止めますよね。 それからお母さんに「お風呂見てきたよ」と報告しますよね。 しかし、言葉通り受け取ってしまうタイプだと、本当にそのまま、「見る」だけなんです。 たとえお風呂が溢れていようが、「見る」という行為しかしない。 だから、そういう子には「お風呂場へ行ってきて。お風呂から水が溢れていたら、水を止めて戻ってきて」 と逐一細かな指示が必要になります。 しかし、指示の出し方にも注意が必要で「水を止めてきて」と言うだけではだめかもしれません。 「水を止める」という言葉に対しても、普通なら「水を止める」=「蛇口を捻る」だと考えますが、 本当に言葉通りにしか受け取れないので、 「水を止める」方法がわからず、困惑してしまい、思いもよらぬ方法で、水を止めようとしてしまいます。 だから、「お風呂場へ行って、お風呂場の〇〇という場所にある蛇口をひねって、蛇口を捻ったらこちらへ帰ってきて」と 本当に一から十まで説明が必要になります。 上記に挙げた以外にも、 集中力が続かず、人の言った事を覚えられない事が原因であったり、 マルチタスクが苦手で、複数同時に言われても一つのことしかできない事が原因であったり 「指示が通らない」というのも人によって原因は様々です。 よって、大事なのはなぜその子がそれができないのか、原因を正しく見極めて対応方法を考える事なのですが… それをやるのは、専門家の仕事です。 専門知識のない人が無闇にやってしまうと、悪い方向に繋がりかねません。 例えるなら、「首にネギを巻いて寝ると風邪が治る」と信じて医者に行かない事と同じです… だから、やはり、発達障害の専門家に相談することが一番だと思います。 しかしそれも、あくまで学生である質問者さんがすることではなく、本来は周りの大人がきちんと専門家に繋げるなり、相談をするなり、やらなければならない事です。 質問者さんが背負うべき事ではありません。 もし、「指示を正しく聞いてくれないと」質問者さんが、どうしても困る状況であれば、速やかに専門家を探して相談すべきだとは思いますが、 そうじゃなければ、 できない事は無理にはさせず、できる事を頼むスタイルで良いと思います。 もし、相談するとしたら発達障害の専門といえば、思い浮かぶのが心理学部です。大学に心理学部はありませんか? もし、他大学と共同研究とかなさっているのであれば、その大学に心理学部はないか聞いてみるのもありかもです。 特に、子供の発達とか障害を研究されている方がいれば、相談してみるといいかもしれませんね。 発達障害を持っている子は時に他人より優れた才能を、示す事があります。 例えばアインシュタインやエジソンも発達障害を持っていたと言われています。しかし、偉大な功績を残しましたよね。 現代の人でいえば、さかなくんもそうですね。アスペルガー障害だと言われています。しかし、魚の研究に関して人一倍才能を見せていますよね。 だから発達障害=大学の研究ができない では決してないと思いますよ。 もちろん、さかなくんなんかは、大学教授もしてて、今でも支障なく続けているので、当然専門家への相談だったり、支援もきちんと受けている、もしくは受けていたとは思いますがね。 発達障害の子は指示が通らなかったりなど、人よりできない事はたしかにありますが、 興味を持った事や得意な事に関しては人よりもとても優れた才能を見せる事があります。 恐らく、後輩も面接などで何らかの才能を見込まれて大学に入学したのだと思います。 だから、その子のできる事をしっかりとやってもらう事が、一番良いのかもしれませんね。

2人がナイス!しています

3

生徒ばかりではなく、教員にも発達障害はいます。 自分の研究室は、准教授が発達障害でした。自身でもカミングアウトしており、精神科に通院していて薬を服薬していると言っていました。 その先生の旦那さんもアスペルガーです。顔は無表情で笑いもなく目が合わないなど、コミュニケーションに違和感を覚えました。 障害が悪いわけではなく、 障害がある特性(良さ)を理解しないと他人を責め立てる(排除する)人間になるんですよ。 それはコンプレックスに蓋をしているから同一視して嫌悪するわけです。 自分は障害ある教員と研究の板挟みに合い大変でした。深夜に大量のメールと大量の着信。その異常さは明らかに自己中心的な人であることがわかります。 その方は、論文指導ができない教科担任です。 昼間は研究室に閉じこもり、授業をして定時で帰宅する方です。社会性がないくせに指導するとかよく言えたもんだな、と今になって思えます。すぐに退職しましたが、、 その後、大学の【Dマル合】教員の准教授から指導を受けましたが、その方はノーマルな方でした。適切に丁寧に対応してくれました。 一般企業に就職して思うことは、大学教員は発達に偏りがある人が多いと思いました。 狭い人間関係、閉鎖された職場環境、一国一城の環境が特性を助長すると共に傲慢さも引き出す気がします。一般企業はそうはいきませんから。 生徒にも発達障害がいますが、教員にも発達障害がおりますので、アカハラになる前に、第三者が正当なアセスメントをして、適切な介入をしてもらいたいと思っています。

3人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/1/12 4:49

ちょっとよくわからない部分があるのですが、例えば、Dマル合ってなんですか?あと、「アセスメント」とは具体的に何でしょうか?「丁寧に、適切に」っていうのは、もっと具体的に言うとどんな指導でしょうか。 教員側が発達障害だと特性上できない指導があるのでは、と感じました。

2

入試で配慮しますという時代なんですね ちょっとググったら ヒットしました https://www.jasso.go.jp/gakusei/tokubetsu_shien/shogai_infomation/shien_guide/hattatsu_bamen/nyuugaku_shiken.html https://www.dnc.ac.jp/sp/kyotsu/shiken_jouhou/hairyo.html 東北大学や九州大学では 二次試験でも特別対応するようです https://www.kyushu-u.ac.jp/ja/admission/faculty/disabilities http://www.tnc.tohoku.ac.jp/disability-services.php 大学院でも特別対応するようです https://www.kyushu-u.ac.jp/ja/admission/entrance/jizensodan 研究が盛んな地方旧帝大であっても むしろ入りやすくなってるということですよね 聞いた話の記憶でしかないのですが、そこそこ上位の大学に障害者の入学枠があって、発達障害でも使えると聞いた記憶があります 国立大の上位大学にもあった記憶です 私は 配慮しすぎて入学させても 落ちこぼれるなどして 本人が困るのならば良くないと思います それは配慮ではなく 贔屓や同情でしかないと思います 得意分野に関しては 才能を持っている発達障害者はいますから、そういう人が普通に入試で合格して学ぶのであれば それは構わないとは思います が、何でもかんでも 特別対応してまで受け入れるべきという同情論は 本人のためにもなりませんので、行うべきではないとも感じます 本人が不幸ですよね 理系の研究室は未知の世界で的外れになるかもしれませんが、社会人として感じる部分を書かせていただこうと思います どの集団でも 受け入れると決めた上層部は 実際の対応は現場任せで、突然降ってわいたように 役割を担うことになった現場は 困惑して混乱しますよね 今の質問者さんの状況だと思います 大学に相談したけど お手上げなんですね 指導教授も同様とのことで… もう 現場として できることは全部されたと思います 現実として 当事者の方は その研究分野を仕事にできるわけが無いですよね なので、上手く卒業してもらうだけの形だけ整えてあげるとか、もしくは本人に任せて 卒業が無理なら無理で仕方ないと割り切るのか そんな事で 適当に付き合えば良いと思いますよ いくら丁寧に教えても、その方の今後に その苦労して関わったことは 何の役にも立たないはずですので 結局は 厄介払いみたいな対応しか周囲もできずに、本人にとってもコンプレックスが増すだけで 良い事は何も無いとは思います ご自分第一で構わないんですから、積極的に関わる必要はなく、発達障害者に対する配慮を学んでまで 何かをする必要は 私は無いと思います だって 質問者さんは教員じゃないんですよね? 学費払ってる立場ですよね? 仕事として責任持って担う立場じゃないですから、冷たいようでも いけないことをされたら指導する、その程度の距離感で充分だと思いますよ、ご自分の研究もあるでしょうから 他の学生と同じように無理なく接して、それで相手が困るなら 相手がどうにかするしか無いと思います 他の学生になら叱責する場面なら それで構わないと私は思います 本人が混乱しようと それは本人が解決すべき問題で、平等に接すれば良いと思います そうしないと本人が必要な支援をしてくれと 大学にヘルプを出せないですよね 大学も それが無いと動けないんですよね だから 本人のためにも 自分でヘルプを出す行動をさせるためにも、優しくしすぎない方が良いと 私は感じます 大学生と社会人のいる保護者として感じるのは、発達障害の当事者本人に 成長してほしい、そう感じますので そして ご自分の研究がひと段落して ボランティアとして関わってみようと思える時が来たら、その時には 発達障害者への独特の対応手段を学んで 実験的に あれこれと実践してみると よろしいかと思います ご自身のために とても良い経験になると思いますので 社会人の感想で、少しでも質問者さんの気持ちが和らぐ方向に向かうと良いなと願っております

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/1/11 17:51

おっしゃる「独特の対応手段」のノウハウを持っている人のサポートが、学内にまったくないことに驚きと憤りを感じています。 それを知りたいのはやまやまなのですが、この業界、厳しいんです。専門家の強力バックアップが本当に欲しい。