回答受付が終了しました

ID非公開

2022/1/11 3:09

44回答

高校生は化粧してはダメって風潮あるじゃないですか

回答(4件)

0

メイクを「社会人の女性にとって必須。学校で教えるべき」とすると批判してくる人もいるのでは? 最近は特に。

1

そんなもんプライベートで学べって話ですよ。 化粧なんかより学ぶべきものなんて死ぬほどあります。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/1/12 8:32

死ぬほどある中の一つに化粧もあると思いますよ! 全ての人が勉強を活かして人生送れるわけじゃないですし いい大学行くことが人生において正解とも言えないですし。 人間関係正味見た目が大事ですからね 面接だけじゃなくその後も 化粧っ気のない大人女子やボサボサ肌荒れ大人男子への風当たりは社会の中では強いですし プライベートで間違ったやり方を独学で入れちゃうから ケバくなったり肌荒れしたりするんです。 ビジネスメイクやファッションが分かってないと恥をかくのに それを独学っていうのは可哀想ではありませんか

1

まあ・・・確かに、そろそろ化粧をしても死ななくなったので、高校生とかに解禁しても良いかもですけどね。 実は化粧禁止って、質問者様が思っているのと全然違う理由で昔は禁止されて居たんです。 化粧をすると死ぬから。です。 昭和中期頃までの化粧品には、美白成分として水銀や鉛などの有害成分が含まれていたため、幼少期に大量に摂取をすると、中毒症状を引き起こして、最悪死にます。 イメージしやすいように言うと、お酒やたばこです。 子どもの頃だとお酒やたばこは身体にかなりのダメージを与えますが、お隣にって適量だったら耐えられる。というやつです。 実は昔は化粧品も同様だったんです。 でもあまりにも事故が多いのと、中毒などを起こさない安全な化粧品が作られるようになったため、昭和中期に日本国内で危険な化粧品の製造が禁止されます。 さらに、2018年に、海外からの危険な化粧品の輸入が禁止になります。 輸入禁止から4年が経過したので、そろそろ日本国内には、子どもが化粧に使うと死ぬ化粧品はほぼ無くなったでしょう。 なので、そろそろ化粧を解禁にしても良いかもしれません。 が、輸入禁止前ギリギリで輸入されてしまった物が、在庫品として残っていて、在庫一掃処分セールなどで売られる可能性はゼロではありません。 また、そういう所で親が買った化粧品が、家に残っている可能性もゼロではありません。 物凄く確率は低いので、そろそろもう解禁しても良いんでしょうが、子どもが使うと死ぬ化粧品の輸入が禁止になったのが4年前の話なので、これまでの制限はしょうがないと言えばしょうがないですよ。 昔は、子どもが化粧に興味をもってしまい、家でこっそり親の化粧品を使ったら子どもが死んでしまう事があったので、化粧に何としても興味を待たさないようにする雰囲気作りが大切だったからですね。 とりあえずはそんな感じですね。 長くなりましたがとりあえずはこの辺で。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/1/12 8:23

結構昔の話だと思ってました! おしろいに亜鉛?水銀?が含まれてるから蓄積されて死に至るみたいな 子供の頃母が昔の化粧品(母の持つもの)はそうだったから子供は使うなって話は聞きました。 平成では改善されているものだと

3

化粧だけでなく最低限の社会に出る時のマナーとかは覚えさせた方がいいと思います。 男子にも正しいヒゲ、眉毛の処理方法とか髪の毛のセットの仕方とか教えるとそれぞれ社会で役に立ちますね。

3人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/1/12 8:20

確かにヒゲ眉毛髪の毛のセットが学べるとありがたいですね!