ID非公開

2022/1/12 8:41

77回答

Windowsを使いこなす能力がない、ITリテラシーが低いと思う人が Linux、Unix系OSを使いこなすコツ 何か気をつけることはありますか? よくつまづきやすいところや

Linux系 | Unix系123閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

その他の回答(6件)

0

むしろWindowsだけを長く体験してきた人は Windows特有の特徴を、コンピューターの常識かのように 勘違いしてしまっていることは多いんですが どちらにしても、基礎知識が無いことには 使いこなせませんし、相談する相手が少なくなることが マイナーOSの弱みでもあります。 ですから、相応の知識を身に着けなければならないのは どんなOSでも同じです。 多くの人が、WindowsからAndroidやiOSの端末に対応しているので OSの違い自体は、慣れればいいんですが たとえば、基本操作となっているズーム操作は 昔はWindowsには無かった操作で… 「直感的な操作」と言う人がいるにしても 最初に、どっかで学ばなければ、普通気づかない操作です。 そういう意味では、Windows XP,7だったとしても パソコンにはじめて触れる人には理解し難いもので たとえばダブルクリック程度に窮する人もいます。 Xfce4をGUIに採用したXubuntu 20.04LTSみたいなOSであれば 基本的な操作に、特有なものはほぼ無いので XP,7などの操作になれているなら Windows 8が出た時みたいな、絶望的なわかりにくさは無く 比較的容易に、基本的なことはできると思います。 しかし、Ubuntuのように、新基軸を掲げてくるOSには 見てもわからないような部分があったりもしますし 多機能ゆえに使いこなすことが難しいものもあります。 また、Windowsに操作を似せたLinux系OSもいくつかありますが 根本的には、OSの基本設計や構造が違うので Linux系OSの中で、主流になったことはありません。 そういう部分は、学び理解せざるを得ませんし 代表的な所はUNIXの特徴とも言えるファイルシステムツリー デバイスファイルなどがありますし Linux系OSとしては 前世紀のうちから整備が進んだパッケージシステムと それを介して、容易に自由に選択できる 何種類ものGUI環境があります。 その多様性が、わかりにくさになることもありますし 採用したGUI環境の軽さが、OSの軽さになりやすく いくつもの軽量OSを試しても GUIが共通で、違いがよくわからない場合もあります。 100種類以上に派生したLinux系OSを すべてどこがどう違うか把握している人はいませんし 自分が試してみたものの位置づけがよくわからないまま 最良の選択肢かのように語る人もよくいます。 結果、マイナー中のマイナーのOSから入って トラブルに出会って質問してくる人もいますが 同じ体験をした人が誰もいなくて 仮説でアドバイスするしか無いような状況がよくおきます。 個人的には、シェアがもっとも高いと考えられるUbuntuや 同じコミュニティ内で開発される軽量OSであるXubuntuで かつ、サポート期間が比較的長いLTSを試すことをおすすめします。 (現行だと20.04LTS) 追加ソフトは、パッケージシステムのメタパッケージ管理ソフトを使って 探し導入するのが基本です。ChromeのようなOSSでは無いソフトは 公式サイトからダウンロードする必要がありますが Chromeなどは、インストール後はメタパッケージ管理に登録され OS自体と標準のリポジトリーにあるソフトなどと一緒に まとめてアップグレード作業ができるようになります。 2001年にはGUIフロントエンドがありましたし、今は数種類ありますが Linux系OSに詳しくないと「コマンドでやらなければならない」と 勘違いしていることがあります。 GUI操作は簡単で誰もができると考える人もいますが 実際には、部下に支持を出すために スケッチブックに書いた絵で伝えるような人はいないでしょうし 言葉が通じる相手なら、言葉で伝えるのがあたりまえです。 ゆえに、コマンド操作のほうが手早く済む作業は多々ありますし たとえば、RawTherapeeというRAW現像ソフトをインストールするのに うちの環境でやってみると [アプリケーションランチャー]-[アプリケーション]-[システム]-[Discover]-[アプリケーション]-[グラフィックス]-[RawTherapee]-[インストール] と辿る必要がありますが、コマンドでやるなら sudo apt install rawtherapee 慣れていればコマンド入力に10秒とかかりません。 同じ操作がHDD環境の古いPCであれば GUIでは数十秒かかってしまいます。 また、なにより他人に伝える場合 GUI画面のスクリーンショットを並べて 何段階もの操作を説明するよりも 一行のコマンドで伝えるほうが簡単ですし わかっていれば、模倣する人もそれをコピペするだけで 全体的に、コマンドのほうがすみやかにできたりします。 それを見て、言葉を交わすよりも 絵を選んで意思疎通をするほうが進化した方法と思う人は 「コマンド操作をしなければならない」と感じますが 実際は、コマンド操作しなければできないことは 最近では、それほどありません。 それに、コマンド操作にはスクリプトと組み合わせることで 定形の作業を、一つのスクリプトの実行で済ませられる利点があります。 スクリプトを、アイコンとして置いておけば 似た2つの作業のために、GUIソフトを、その都度設定して使うよりも 2つのアイコンを置いといて、どちらかを押すほうが手軽で コマンド操作にはそういう利点があるからこそ Linux系OSではコマンド操作の記事が多くありますし Windowsだって、MS-DOS世代の人を中心に コマンド操作を支持する人は少なからずいます。 むしろGUI操作を紹介する記事がいくらでもあるWindowsは GUIの使い方がわかりにくいという欠陥を露呈しているようにも見えます。

0

Linux を常用しながら、Windows側は動向ニュースだけチェックしておく。 すると、MSは残念な事しとるな、な境地になってきますので、 現在のリテラシーは気にするな。 ただし、Linuxで行くからには 自分の既成概念の思い込みは、自分で排除するよう気をつけています。 そうしないと、トラブった時に素直にアドバイスを吸収できない。

0

特にないと思うけど。 敷いて言えば、データのバックアップと、OS部分とデータ分離しておくと良いかとは思ってます。 まぁ、多くの人が、なにか変なことをして、システムをおかしくしたり、大量のデータをうっかり、消した経験があって、成長していっているので、失敗しても、リカバーしやすい環境で、色々といじってみるのが良いかと。

0

それならLinuxではなく、ChromeBookとかの方が良いと思いますけどね。 もしくはいっそのことAndroidタブレットやiPadにするとかでも良いでしょうけど。 どうしてもLinuxが使いたいなら、Ubuntuなどデスクトップユースに志向したディストリビューションを選ぶことですが、Windowsすらまともに使えないレベルだとインストールで躓くと思います。

ID非公開

質問者2022/1/12 9:31

WindowsとLubuntuデュアルブートを設定 日本語入力の設定 サウンド設定 日本語の炎狐のインストールまで終わって ネットサーフィンは問題なくできたみたいです。