フリーランスになりたいのですが、失敗したらと考えると二の足を踏んでしまいます。

起業178閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様ありがとうございました。まとめてのお礼になってしまいますが、大変参考になりましたし、モチベーションも上がりました。 苦労は付き物、100回トライして100回成功するとも思っていません。でも好きなことだからそうでないことよりは頑張れるのではと信じて、謙虚な姿勢で毎日何か少しずつでも成長していきたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:1/19 0:23

その他の回答(4件)

0

失敗しないよう勤め人時代にしっかりとリサーチ、下準備をしました。 ……勿論、どこかにお勤めですよね?

ご回答ありがとうございます。 下調べは大切ですね。リサーチをするにも能力がいりますね。頑張ります。 〉……勿論、どこかにお勤めですよね? これはどのような意味が含まれているのでしょうか? 勿論、とは? もう社会人15年目で私はずっと会社員ですが、フリーランスを目指す人は働いていないといけませんか?

0

勤めていた時は課長職でしたが、起業に失敗しても役職に戻れないが、どこか雇ってくれるはず、雇ってもらえればすぐに役職に戻る位の実力はあるはず、と過信していてので心配はあまりありませんでした。

0

個人事業主(フリーランス)です。 仕事が決まってからなりましたので仕事有無による不安はありませんでした。 始める前にハローワークでフリーランス向けの講習を受けて、友人フリーランスから話しを聞いて理解しました。 元々会社員でイヤな事が多かったので今ではすっきりしています。

0

サラリーマンマンとフリーランス(個人事業主)との 一番大きな違いは 掛かれているように 常にジャストタイムで判断する 決断することだと考えます この判断や決断は 毎日のことです そしてその決断には明日はありません これができれば フリーランス(個人事業主) や会社社長にもなれます そして そのジャストタイムで判断 決断する為には 常に回りを注視することです そうすることで 判断 決断がより 間違わない方向にすすむでしよう