ID非公開

2022/1/14 5:44

1010回答

こんにちは、長文です。

将来の夢 | 留学、ホームステイ420閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

その他の回答(9件)

0

本当にその学校で学ぶべき事は一つも無いですか。 帰りたい気持ち、よく分かります。 帰りたいですよね。 でも卒業するかしないかは大きな違いです。 周りもみな脚が太くなってますか。 脚の条件により、同じレッスンをしても筋肉がつきやすい人がいます。 その経験も、怪我をしやすい事も、全て勉強です。 どうすれば脚が太くならないか、どうすれば怪我をしなくなるか。 技術を高めるだけが勉強ではありません。 どうしても耐えられないなら帰った方がいいですが、できたら卒業してほしいです。 それから自分が進むべき道が見える事もあると思うので。

0

バレエ留学は語学や他の勉学に比べて非常に難しい問題がたくさんありますね。 日本の社会がバレエに関して無知すぎたり、何千とある教室でも海外のバレエ学校事情に疎かったりして良い選択や判断ができずに、ビジネスに利用されてしまったりします。 あなたはバレエ留学について非常に甘く、夢物語みたいに、或いはそれで全て上手くいくみたいに捉えて行ってしまったようですね。 しかし、やはりあなたが感じているように今の状態では留学は無意味だと思います。 海外のバレエ学校の状況や身体を適応させることがいかに大事かなど、考えが甘かったことは痛感していると思います。 同じような理由で途中で帰って来る人はたくさんいます。 良く考えるためにも一旦帰って来て、いろいろなことを本当にきちんと考え直したほうが良いように思いますよ。 留学は今やお金さえ払えば誰でも、の世界ですし、挫折したからといってダメなレッテルを貼られるとかでなく、大学や就職でも受からないとか中退とか転職とか普通にあります。 人生経験の一つとして受け止めて、今後に生かしていけば良いのではないでしょうか。 人生の岐路のとても大切なことをこのような場所で相談していることも可哀想に思いますが、今は心身共に疲れて視野が狭くなっていたりすると思うので、落ち着いて自分のこれからを考える状況を作るのは大切なことと思います。 一つ言えるのは、プロフェッショナルとは、それが本当に得意な人がやるべきこと、無理にやってもその世界で本当に自分の才能や技術を生かして役立つ人にはなれないでしょうし、役立つ人がやらなければいけないと思うのです。 それはどんな仕事でも同じこと、 バレエのプロフェッショナルとは何か、どうあるべきか、よく考えてみて下さいね。

0

私立のバレエ学校は意味がないと思います 縋る思いの決断だったと思いますが 民間なのでジプロンもないと思いますし レッスン内容だけで考えれば 日本で真剣にやってるスタジオならば レベルも大差ないと思います なのでその学校に価値はありません 今良いのは、現在ヨーロッパにいる事と 多少の語学が出来る事です 今はコロナなので、状況が分かりませんが 私がロシアに留学していた時 私も学校を辞めたくて… 毎週月曜学校を休んで 色々なバレエ団のクラスを周り 『バレエ団に入りたい』と言っていました 今はネットで調べれば見つけられる簡単な時代です 20年前は人に聞いて、調べて、探して… それはそれは大変でしたよ そんな簡単な時代です 失う物もまだないはずです プライドなんて持ってないはずです 実績がないのだから なので今がチャンスです 断られようと、あしらわれようと バレエ団周りをして 見聞を広め 入団の交渉をするべきです それでダメなら 本当にダメなので 元気よく勉強を進めてる下さい!

0

私には助言できるほどの知見も理解もありませんが、大きな決定をしたり、一人で悩む前に、まずは学校側に相談してください。人間関係での苦労については学校としてはあまりできることがないとはいえ、レッスンやスケジュールが自分の身体に非常に負担になっていること、そのせいで怪我をしやすくなってしまったことについては、しっかり相談すべきだと思います。前向きに対応してくれるという保証はありませんが、日本人はそういう点で助けを求めるのが下手というか、引っ込み思案になって最初から自分のせいだと思い込んでしまいがちなので。別に苦情を申し立てるわけではなく、もう退学を考えるくらいのところまで来ているのだが、何かサポートしてもらえることはないかと相談してみたらいいと思います。ダメ元で。授業料を払っている分、海外ではそれくらいの要求/相談は普通です。国柄にもよりますけど、平気でものすごくいろんなことを要求してくる押しの強い親とか、けっこういますよ。留学生の多い海外の私立の学校は、福祉面も含めた手厚いサポートを売りにしている場合も多いですし。とにかくその手の相談には慣れっこでしょう。そうして相談した上で、それでも自分はあと1年半やっていけるだろうか、と悩めばいいと思います。 バレエ留学は過酷だと思います。身近に家族などのサポートがない環境で、ここまで追い詰められるまで頑張ってきたことは、これからの進路をどうするかの決定に関係なく、将来振り返った時に誇りに思えることだと思います。

0

・このまま留学を続ける ・バレエか勉強どちらかに絞る 上記のどちらかですね。正直、将来的にバレエで食べていけるかの 判断は、あなたしかできませんね。 このまま留学を続けて卒業してバレエを選択するか、きっぱりやめて 勉強にシフトするかのどちらかですね。 中途半端はおすすめできかねます。 まあ、私の意見では、あなたの意見がネガテブで後ろ向きなので 勉強をお勧めしますが、一生後悔すると思いますよ。 それなら、あと1年半頑張り卒業して。その時点でだめなら勉強でも よいと思います。あなたの経歴でいまさら勉強して大学にいっても 一流企業への就職は厳しいと思います。(まあ、旧帝一工早慶に 入れるなら別ですが、入試はそんなあまくはないし・・・) 従って、初志貫徹の「卒業」をお勧めします。それでだめなら、勉強 しても、その後の結果はあまり変わらないと思います。 いまバレエをやめると一生後悔すると思いますよ。