ID非公開

2022/1/15 14:12

55回答

法要を執り行うにあたって 常識的には午前中にするものなのですか? 教えて下さい。宜しくお願いします。

補足

皆様色々アドバイスを感謝致します。 お正月に3人の子供達家族が集まった際に、主人の3回忌法要の打ち合わせを致しました。 コロナ禍の最中であり、主人の兄姉(80歳代)の参列は見合わす事とし子供夫婦と私のみで法要を。子供夫婦も皆仕事の都合上合わせるだけで四苦八苦、娘に至っては夜勤明けの日となりますが長男夫婦の都合に合わせると言う事でやっと決まった状態でした。 一昨日お寺に法要を電話でお願いしました 「〇月〇日にしたいと希望しておりますが、ご都合は…」お寺「その日は今の所埋まっていないので大丈夫ですよ、時間は何時がご希望ですか」私「家族の都合で1時から4時の間を希望しています」と言いました。すると「なんといいお歳をされているのに常識のない!法要は世間一般的午前中に行うものです。まだ日数もあるので改めて日にちが分かれば連絡下さい」との事で電話を切られてしまいました。確かに70年以上も歳を重ねた者が常識知らずだったのか…しかし家族が全員恙無く集まれる日はその日しかありません。困りました。一般的にはどうなのか?お聞きしたかったのです。

葬儀 | シニアライフ、シルバーライフ141閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

補足に失礼します。 時間に変更は必要ありません。 おそらくお寺側が嫌なだけでしょう。午後に個人的な用事があったとか。 とにかく常識のない対応はお寺側です。 私だったら大げんかになりそうです。 三回忌法要であればほとんど親族の方々が参加となると思います。 なので親族の都合でこの日と時間が一番合いましたので…で問題はありません。 もちろん午前中に変更するのもあなたのお気持ちなので大丈夫です。 選択肢はたくさんあります。 あなたのご都合で決めて大丈夫です。

その他の回答(4件)

0

午前中からやる場合が多いですね。 10時が11時から始めて、終わったら会食の流れが一般的ですね。 でも、コロナが蔓延して居るから,法事が終わったら弁当を貰って帰る場合も有りますね。

0

午前中にすることが多いだけで 午前中にしなくては いけないという訳ではありません 午前中にするのが宗教的にな決りということはありませんし 慣習という訳でもありません ただもろもろの予定を考えると午前中が便利だっただけです 法要(読経や法話)+お斎(会食)=法事 です 法事ではお斎(会食)も儀式の流れの1つです ですから本来法事の会食=お斎は住職も同席して住職が 「いただきます」など流れを主導していました つまりお斎は法事には必須なんです ・・・もちろんお斎無しで法要とするとか会食の代わりに 持ち帰り弁当を用意するとかの代案もあります そうなると一般的に 法要部分:読経+法話 で1時間前後 お斎部分:会食 で2時間ちょっと 更に納骨やなどお墓に移動があれば30分から1時間 かかりますので3~4時間、移動も含めると長い場合は5時間 くらい所要時間を見込みます お斎(会食)もできれば昼時・早めの夕食どちらでもいいですが 食事に適した時間が嬉しいですよね 更に法事は土日にすることが多いですが家に帰る事を 考えるとあまり遅いのは・・・となります となるとお昼時にお斎(会食)がきた方がいいだろうと いうことになるわけです よって会食前に法要:読経+法話などをしたほうが すっきり終わって気楽となると午前中開始が多くなります とはいえ最初に書いたように便利だから午前中なだけで 午後がいけない訳ではありませんから 集まる人達の都合によっては午後もいいかと思います ちなみに私の伯母は朝は早く起きれないと言い切っており 自分の夫の法要は午後からやりましたよ 子供も東京在住だったので朝早く出る必要がなくて 良かったといってました

それは宗教的に問題があるということではなく 慣習として午前中が多いということではないかと 思います 最初の回答にも書きましたが 一般的には午前中が 多いです・・理由も書きましたが一般的には午前中の方が 合理的ですから 一方で法事はお寺の都合も重要なわけですが お寺としても午前中が都合がいいという面があります というのは通夜葬儀がいつ入るかわからないからです 通夜葬儀は急に決まりますし日柄も気にする人も多いので 午後に法事が入っていて通夜がその日は無理となると 日柄によっては何日も待たせてしまう事もでてしまうので できたら午後は空いていた方がお寺さんとしても 都合がいいという話もあったり 午前と午後に法事を入れる&夕方は通夜に対応であける というお寺もあったり色々です