私は4月から医療専門学校の診療放射線技師学科に進学します。専門学校の生活に慣れて落ち着くまでは、他の学生に対して挨拶のみにし、それ以上は、話さないようにして、精神的な負担を減らしたいです。

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

一般的に専門学校は誰でも簡単に入学出来ますが 入学すると、追試験や留年が待ち構えている。 1科目でも落とすと留年です。留年すると学費が1年分掛かる。 学力不振なら、行かない方がいいです。 授業のメインは、物理と電子工学が得意で無いと退学する人も多い。 これが出来ないなら、止めた方がいい。 よくて卒業迄行ける人は半数以下になります。 レベルが低い専門学校なら 卒業率が3割。 最後に国家試験が控えているから、バンバン留年させる。

回答ありがとうございます。 今朝、父親は、母親に「医療系の国家資格に、昔の友達は関係ありません。母親として娘(私)に注意して下さい。」と怒りの電話をしました。 遠くの山に 夢を見る~さんの回答を読んで、父親は、正しかったと実感しました。私は、今すべき、勉強に集中します。

0

第四条 次に掲げる者には、前条の規定による免許(第二十条第二号を除き、以下「免許」という。)を与えないことがある。 一 心身の障害により診療放射線技師の業務(第二十四条の二各号に掲げる業務を含む。同条及び第二十六条第二項を除き、以下同じ。)を適正に行うことができない者として厚生労働省令で定めるもの どうしてみんな、キミの人生より授業料や入学金を大事にするのかな?どうしてほぼ不可能な時代になったって教えないんだろ。精神科疾患の既往があれば資格持ちになることは法律でより困難な時代になりました。詳しく言うと、医者はもちろん薬剤師・診療放射線技師・作業療法士・理学療法士・言語聴覚士・社会福祉士などほとんどの医療職には困難の一言の時代になりました。 平成11年8月9日障害者施策推進本部決定により、障害者の社会参加を不当に阻む要因とならないようと言いつつも、真に必要と認められる制度については対象の厳密な規定への改正により「法律で規定する『厚生労働省令で定めるもの』については、『精神の機能の障害により業務を適正に行うに当たって必要な認知、判断及び意思疎通を適切に行う能力の有無によるものであることを明確にする』との規定」がでました。障害者を表す規定から障害者を特定しない規定へ改正することにより本人の業務遂行能力に応じて資格等を取得ということです。甘くなったとはありません。 主治医の診断書が必要な時代です。診断書の「業務に支障は無い」にチェックを入れて貰えば良いとお考えでしょうが、 1149693061さん 2021/5/24 8:01 『作業療法士の登録済証明書がまだ届きません…。一度厚生労働省に確認しましたが、発送もまだだそうです。私は以前精神科にかかっており、診断書は書かれましたが業務に支障は無いとなっています。』だったりします。 基準が劇的に上がりました。多くの資格が個人の能力とは別なところ(適応障害などのありふれた既往)で困難になりました。移行期間があるので、しばらくは大丈夫でした。でもこれからはどんだけ頑張って国試を合格しても、臨床には立てないリスクを覚悟して下さい。また病院などは診療報酬を請求できない期間が長くなるので嫌がられます。詳しくは検索してください。 あなたの生まれた頃なら、精神科に長期入院しているとかで明らかに一般生活が出来ない人達だけだったんですけどね。生まれた時が遅すぎましたね。

0

別に普通に話せばいいんじゃない? ようは、お前は喋るとボロを出して面倒ごとになるから出来るだけ他人と関わるな。って事でしょ? でもさ、社会出てから失敗するより、学生の間に失敗した方がいいと思うんだよ。 「どうも俺は人と少し違うらしいから、変な事言うかもしれないけど、その時は教えてくれよな。」 って前置きを置いて人と喋ればいいんじゃない? 普通の人のふりして変な事言うから「おかしい」って思われるんだとすれば、最初っから言っておけばいいと思うんだけど、どうなんでしょね。 と、おっさんは思うのですよ。