最近の鉄道レールは溶接してつなぎ目が無く長くなっていますが、酷暑の際レールが伸びて、くねくねと曲がらないのは何故ですか。

その他の回答(3件)

4

それが、不思議なことにない。 いわゆる「ロングレール」にしても、通常の(短尺・ブツ切り)レールにしても、なぜか熱による伸縮は両端の一部分(数メートル)だけという事が、研究によって分かったことから「ロングレール」が一挙に普及しだした。 その理由(メカニズム)は、実は解明されていない。(現象だけ分かっている) それが分かるまでは、長大トンネル内など軌道の温度が年中ほぼ一定の個所に限って「ロングレール」を使用していたが、今では周知の通り、急曲線などごく一部の「不適用」部分を除いて幅広く採用されている。

4人がナイス!しています

2

溶接してませんよ、長いレールを利用してます

2人がナイス!しています