ID非公開

2022/1/17 23:34

22回答

ヒトラーの時代、ユダヤ人の迫害がされていましたがどのようにユダヤ人とそうでない人を判別していたのですか?

世界史 | ヒト384閲覧

ベストアンサー

2
画像

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

お二方ともご回答ありがとうございました!

お礼日時:1/18 9:05

その他の回答(1件)

1

逆です。 ヒトラーとナチスは、1935年のニュルンベルク法で、ドイツ国民(帝国市民)にユダヤ人ではないと証明することを求めました。 この法律では、ドイツ在住ユダヤ人は帝国市民と見なされず、「ドイツ人またはその血族」との結婚や婚外交渉が禁じられ、補足条令の下、選挙権やほとんどの政治的な権利がユダヤ人から剥奪されましたが、この法律は「ユダヤ人」を特定の信仰を持つ者とは定めていません。代わりに、3人または4人の祖父母をユダヤ人に持つ者が「ユダヤ人」と定義しました。これは自らがユダヤ人と認めているか、またはユダヤ教コミュニティーに属しているかは関係ありません。ユダヤ教の教えを長年実践してこなかった多くの非ユダヤ教徒のドイツ人も対象になり、キリスト教に改宗したユダヤ人の祖父母を持つドイツ人でさえもユダヤ人と見なされたのです。 ドイツ国内のすべてのドイツ市民は身分証明書の所持を義務付けられていました。ユダヤ人も身分証明書の所持を義務付けられ、ナチス政府はユダヤ人の身分証明書に特別の印を付け、赤い「J」というスタンプを押しました。さらに、ユダヤ人と見分けがつかない名前を持っている者には、男性の場合は「イスラエル」、女性の場合は「サラ」という新しいミドルネームが付け加えられました。このカードにより、警察が簡単にユダヤ人を見分けることができるようになりました。

1人がナイス!しています