ブリヂストンのタイヤて日本製なのになぜ高いのですか。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

画像

新車 | 新車1,166閲覧

その他の回答(25件)

4

日本に入ってくるミシュランは中国製は多いよ。 ブランドがフランスだからフランス製だなんて思わない事だよ。 グッドイヤーはダンロップに製造させる前はマレーシアなどの東南アジア製が多かった。 だから、東南アジアの砂利道対応のトレッドパターンが多かった。 バッテリーも欧州ブランドでも製造は韓国や中国だよ。 BMWの右ハンドル車は南アフリカ製で、昔のメルセデスの右ハンドル車はマレーシア製。 ロンドンタクシーは中国製。 中国は世界の工場とはよく言われてる。 こういう事も知らないのはオコチャマだね。

4人がナイス!しています

2

タイヤショップの者です。 高いですね。 これはブリヂストンの販売戦略によるもので、日本国内ではブランドイメージを高め、高くても売れるようにしているからです。 海外ではそうもいかないので、その地域に合わせて安いラインナップを拡充していることもあるそうです。 ただ、高いとはいいますが、安いものから高いものまで幅広くラインナップをしてるんですよ。 最廉価品はブリヂストンのロゴ外してセイバーリングとかデイトンとかで売ってます。 ロゴ外せばPBと同じで販促費とかブリヂストンの本体経費外せるので、原価が安くできます。 同じ理由で日本では展開してないファイアストンブランドを使ったことがありました。 その上はネクストリーとか、カタログ外品。 アイスパートナーとかルフトRVとかいうカタログ外品は、型落ちタイヤを名前を変えて売ってます。 こういう抜け目のなさは、他社では真似ができないです。 ちなみに、コスパが良いのはトーヨーですけどね。

2人がナイス!しています

3

ブリジストンは一流企業だよ。そんなに給料安くないと思うけど。 あと、タイヤの作り方知ってる? あれではとても安売りできないよ。 某海外タイヤなんかだと、絶対手を抜いてそうに思うんだけどなぁ。。

3人がナイス!しています