ID非公開

2022/1/18 20:19

1010回答

御巣鷹山の付近や地下には、自衛隊のゲリラ部隊の訓練所か何かがありますか?

補足

大正生まれの航空評論家から、自衛隊の幹部から「ゲリラ訓練の研修隊員が、群馬県の山中にいる」という、大きな声では言えない話として書いています。やたらと早く現地にいた自衛隊員は彼等だろうと。

政治、社会問題 | ミリタリー627閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

1人が共感しています

ベストアンサー

9

9人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/1/19 9:17

業者から漏れる情報のあるないを知る立場にあるのですか?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

10人回答か。集団ストーカーで阻止に来ると思ったが、まだまだやな。 その中でも最後まで食いついた貴方にベストアンサー。

お礼日時:1/24 8:17

その他の回答(9件)

3

心配して忠告するのだが、病院での受診をお薦めする

3人がナイス!しています

迷走して偶然其処に墜落して救助するために場所すら特定出来ず右往左往していたのにそんなもん、あるわけねえだろ!が答えです。証拠隠滅したっつーならボイスレコーダーも持ち去るか壊すだろ普通

0

あったとしても秘密だと思う。 工作活動をしている部隊なら、表立って活動はしません。

ID非公開

質問者2022/1/20 17:45

だから公式記録にはないが、墜落後1時間には集合できた部隊があったわけだ。

4

申し訳ないですが、「思考の方向」が間違っています。 まず、「8月13日に飛行機事故がある、と預言」するレベルは、一般には「陰謀論を語る」以上にビックリなことです。 さらには、「秘密訓練所」があったとして、なぜそこの部隊が「いち早く駆け付ける」のでしょう。 そもそも「ゲリラ部隊」というのは「集散を自在とする部隊」で、「いち早く消え去る」のも得意な訳です。 仮に「ゲリラ戦の訓練部隊が群馬山中」にいるとして、どうしてそれを隠さなくてはならないのかがよくわかりませんが、隠しているんなら「動員されはしない」だろうし、「動員された」んなら、別に秘密でもない、通常業務だったってことです。 つまりは、この話には「論理的に通った筋が無い」ってことだと思います。 なんか、昔習った「論理学」とかの議論を思い出します、「前提が間違った議論」は「論理的に正しくても間違っている」し、その上「論理的にも正しくない」議論が「間違っていない」とは当然言い難いかと思います。

4人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/1/20 12:31

特異日というやつですね。 井上赴夫さんの本を読むとわかります。金属疲労や過密スケジュールから、ジャンボ機は危ないという話をしていた専門家はいました。 それが、まさか本当になったのです。

2

県道レベルの道がないので、訓練所を置くのは無理ですね。 部隊の移動や、食糧、物資補給に幅の広い道路が必要です。

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/1/20 17:46

少し離れた場所にあり、訓練では山に入るようなやり方でしょうね。相馬原よりは近い場所。

3

まず、「自衛隊のゲリラ部隊」がどのような組織か説明してください。 陸海空どの自衛隊の組織なのか、どの基地に所属していて部隊規模がどれくらいなのか、配備されている重火器や普段の訓練内容、それにどのような活動を前提にした部隊かていう詳細です。 話はその説明がされた後…と言いたいところですが、「御巣鷹山の付近や地下」には「自衛隊のゲリラ部隊の訓練所か何か」は存在しません。 御巣鷹山の地下に潜ったことがある俺が言うのですから、これは絶対に間違いありません。

3人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/1/19 19:37

井上赴夫さんという、日航ジャンボ機が8月13日くらいに墜ちるという預言をしていた方が、本に書いていますね。彼の人脈で特殊な訓練をする元教官の話として書いています。大正生まれですから、他界されています。 井上さんは、いわゆる陰謀を語る人ではありませんから、話題のついでに出てきたような話です。