ID非公開

2022/1/18 20:40

33回答

文字を書くのと運転って似てないですか? ある程度天性が必要 センスがある人は上手くなるのも早い 下手はいつまでたっても下手 丁寧に書けば上手く書ける いろいろな技術が必要

1人が共感しています

ベストアンサー

0
ID非公開

質問者2022/1/19 12:00

そうですね。 確かに仰る通りです。 どんな事にも共通しますね。 ただ、スポーツでいえば、スポーツをする人は限られていて、スポーツをしない人にはわからないでしょう。 歌は下手でも、歌の良し悪しはぐらいはわかる人が多いのではないでしょうか。 私もスポーツを例に使ったりしますが、スポーツをしない人にとっては全然わからないかと思います。 字であれば大抵の人がわかりますし、良し悪しで雲泥の差があり、決まった動きだけしていれば上手いとされない点で似ていると思いました。 回答ありがとうございました。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:1/25 21:03

その他の回答(2件)

0

その感覚はよくわかりません…。 旦那が本格的に書道をしています。崩し文字も書け、展覧会に出品し、当然師範免許もあります。 書道でどこまでのレベルを求めるか謎ですが、ある程度以上だと天性は必要です。運転で言うと、レーサーになるなら天性や運動神経は必要。運転はそれ以下だと天性というより、落ち着いて周囲をよく見て状況判断できるか、だと思います。私が、下手だなと思う人は、周囲が把握できてないわがまま運転な人です。前だけ見てればいいと思ってるドライバーです。 書道の崩し文字は、知らないと読めないけど、下手には見えないです。下手に見えるのは、崩し文字をちゃんと知らない人が我流で崩しているだけのものなんで、それがうまいかっていうと微妙。 丁寧に書いたら字ってうまくなるんでしょうか。丁寧だ、という誠意は伝わりますが、下手は下手です。下手でもきちんとした先生につけば、ある程度はうまくなるのは正しいです。ちなみに、上達することが目的ではなく、字を書くことを楽しんでいる方もいます。独特な(書道的には評価できない)字であっても味がある、と評価されることもあり、うまさを求めず、そういう字を楽しむ方もいらっしゃいます。 運転は正しく運転するのみで、味のある運転、なんてないです。隣の車両との位置関係や空間の把握が、書道の字のバランスの把握とにてる、と言われたらそうかもですが、こじつけ感があります。 なお、楷書の基礎がないと行書などの崩し文字は書けません。崩し方にもルールがあり、楷書からルールにそって崩します。旦那も「この崩し方はない。知らないのに勝手にしてるだけ」と言ってる字もあります。私も適当に書くとそう言われます。 父が若いころサーキットで走っていて、その後も仕事で毎日運転しましたが、字はかなり下手でした。

ID非公開

質問者2022/1/19 11:55

頂いた回答を見て、やはり字と似てるなと思いました。 回答者さんは周囲の状況も見れる、ある程度の運転技術をお持ちですね。 書道でいえば崩し文字は書けないが、楷書はある程度上手に書けるといったところでしょうか。 特に「運転は正しく運転するのみ」というところで止まっているのですが、運転はハンドルの切り方一つで上手い人と下手な人が全く違います。 発進・止まる・曲がる・安全確認するというのは、いわゆる基礎レベルで、それが出来れば正しくは運転できます。 しかし、運転にはそれ以上があって、車線変更一つ取っても、ドライバーの所作・タイミング・ハンドルの切り方等、色々な所で差が出ます。 これらは、文字と一緒で、上手い人が見れば上手い人がわかります。 私は崩し字が全くわかりません。何が上手いのか下手なのかすらわかりません。ですが、崩し文字全てを「下手」と言ってる人が車の運転している人には多くいるようです。

0

似てますね。下手な運転をする車に乗ると酔うことがあります。悪い意味で。