回答受付が終了しました

メタバースや3DCGに興味がある 高一です。 将来これらの関連の仕事をするにあたって 今からしておいた方が良いことや、 どの大学が良いかなどが あれば教えていただきたいです。

回答(3件)

0

みんな、〇〇学べ、〇〇しろとおっしゃるでしょうが、そんなもの正直不要です。 子供のうちに独学で学べる内容には限度があるし、メタバースの分野なんて特に技術の入れ替わりが早く、今学んだものが将来に生きるとは限りません。 とりあえず学生のうちは、学生だからできることにチャレンジしましょ。 ユニティーに触れてみたり、ゲームを作ってみたり、VR chatなんかもキャッチーでいいかも。 大人になってから、やりたいことに向かえばいいです。

0

英語の記事や専門用語を理解できるようにしたほうがいいです。 今でもそれらの記事は海外にありますので実際にそれを読んでみて知識を吸収しましょう。 大学は偏差値が高ければ高いほどいいです。 その理由は2つあって一つ目は偏差値が高い大学ほど最新情報のキャッチ力がたかく詳しい友人やコミュニティーに対するアクセスできる確率が上がります。 二つ目はメタバースや3dcgに有利なコンテンツや技術を持っている会社に入社できる確率が飛躍的に上がります。 また、仮想通貨に対する知識を偏見なくできるだけ海外の情報や仕組みを理解できるようにしたほうがよく、そのためには経済の仕組みも理解したほうがいいです。というのも、メタバースがどういった形で世の中に広まっていくかに関してまだ疑問がのこり、もしかすると技術よりもこっちのほうが大事かもしれないからです。 普通に考えればすでにメタバース化するコンテンツや技術を持っている企業やステークホルダーが優位と考えるべきですが、もしかすると仮想通貨を利用したそれとはべつの広まり方をする可能性があるからです。 インターネットが広まる前の1990年代後半から2000年のITバブルの際には日本は半導体やコンピューター強い日本企業の未来が明るいみたいなふうに考えられていた時期もありました。しかし実際にはインターネット社会において日本は没落して暗い未来が訪れました。 この事実からわかるように今の段階で明るいと思われている技術が全く役に立たなかったり無意味になる可能性も十分にあると思います。その流れをいち早くキャッチするためにもセンサーとなりえる自分自身の情報キャッチ力と周囲の付き合う人間から来るキャッチ力を上げていくことが大事だと思います。

0

3DCGを仕事にしたいのであれば…偏差値の高い有名な美術大学に入学して洋画などを学ぶ(造形力もあればもちろんいいですが、どちらかといえば描画力のほうが新卒は有利です) (学歴は関係ないという方もいますが、それは実力(高いクオリティー作品)や実績(コンクールに入賞など)が既にある場合に限ります…人より楽して新卒入社したいなら学歴があったほうが断然有利です) やりがい…自分の作った3Dデータがゲームや映画、アニメなどで使用されていた時はやはり嬉しいです 辛かった事…業界の全体的に給料は高くないです、30代で年収600万や1000万を目指したいなら、3D業界は辞めた方がいいです。 また、技術職なので20代の時に努力し、20代後半で社内のリーダークラスぐらいの実力を身につなければ30代では実力不足で正社員での転職ができなくなります。知人にそういう知り合いがいて、契約社員でもブラック企業以外は採用されなくなってしまいました。 ブラック企業だと、平日は毎日終電です。体を壊して鬱になりやすいです。 収入が年齢と共にあがるどころか、下がる場合もあるので20代のうちにさっさと恋愛結婚した方がいいです。