なぜ、たぬきは警戒心がないのでしょうか?

補足

逆にキツネ、トノサマガエル、アマガエルも警戒心があるのでしょうか?

1人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(1件)

1

警戒心が無い訳ではありません。 質問者様が、何を指して、警戒心が無いと仰有るのか存じませんが、ロードキルの犠牲になり易い理由として、 ①異変を察知すると、逃げる前前に異変を観察して見極めようと凝視する余り、速度の速いクルマが避けきれずに衝突したり轢かれたりするため。 ②異変が急激な場合、気絶して倒れてしまい、そうまま轢かれて終うため。これは『擬死反応』といい、昆虫のカメムシやナナフシにも見られます。 実際に野生のタヌキを観察していると、大胆に接近する個体は人間の捨てた残飯を漁ったり、中には人が与える食糧や人間に慣れてしまっている個体もいますが、そうでない個体、食べ物を見つけても安易にとびつかず、周囲を一巡しては異変の無い事を確かめてから接近する個体や、偵察に現れだ個体(♂成体)が、安全を確かめてから、♀成体、複数の幼体が現れるケースもあります。 警戒心が無い、低い系というのは、民話や人間が作り上げたイメージによるものです。

1人がナイス!しています

キツネはタヌキに比べると、より警戒心が強く、しかも大胆だと考えます。 それはキツネがハンターとして得物を探して流離い、得物を発見すると察知されない様に接近します。そして隙を窺いチャンスを逃さず襲い掛かります。 オオカミの様に、相手を圧倒する強さが無いための習性です。 リンクは、海外の動画ですが、キツネのハンティングで1分15秒辺りから、雪の下に潜むネズミを探して嗅覚、聴覚を駆使してネズミの位置を見定め、一気にダイブして襲い掛かる姿が映っています。 編集はされていますが、雪のトンネル内のネズミの姿が映っいる動画の様なヤラセ、演出が無いところから、この動画をチョイスしました。 https://www.tvgroove.com/sm/news/article/ctg/1/nid/14825.html

画像