北条政子は、なぜ鎌倉幕府の実権をゲットできたんですか?

日本史1,370閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(5件)

2

奈良時代から、天皇に娘を送り込み男児を産ませて次の天皇にして、その母とじいじが政治を自由にする「外戚政治」が延々と続いていました。 武家の平清盛も同じことをして安徳天皇を即位させ朝廷を支配しました。 新しい帝王(鎌倉の主)に同じことをしようとするのは当然ですし、北条家では元々そのつもりで頼朝という貴種を大切に匿ってきたわけです。

2人がナイス!しています

0

当時の正室は夫不在時にはいっさい代理する立場でした。 夫亡き後も後継ぎを補佐するゴッドマザー的存在。 物騒な東国ではまるで極道の妻。 戦国時代でも今川家の寿桂院とかいます。

0

山口組3代目の未亡人文子が4代目組長を指名し、3代目組長姐として君臨した構図です。 頼朝の妻、頼朝が一目も二目もおいて恐れた存在で、最高実力者だった時政も追放に追い込んだ存在だったからでしょう。 中央権力から遠い存在だった鎌倉武士団の急速な勃興、その血生臭さ、権謀の交錯した未成熟な組織で冠となる存在が光り輝いていたのでしょう。