仏教の勉強方法について 40代女性です。 最近、YouTubeで仏教のお話をされる菊谷先生のチャンネルを見始めてから 仏教に興味を持ちました。

宗教 | 一般教養579閲覧

3人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさん、ご回答頂きましてありがとうございました。 今回、初めて知恵袋で質問しましたが、こんなにご回答いただけるとは思わなかったので、驚いています。まさに、知恵袋!といった感じでした。 お釈迦様の伝記を読んでいますが、すでに苦戦しています。 順番も大事だと教えていただいたので、 歴史の順から大まかに学ぼうと思います。 すべてのアドバイスを参考にさせていただきます。 ありがとうございました。

お礼日時:1/24 18:22

その他の回答(14件)

0

そもそも、ヤフー知恵袋で質問することが間違いです。 『ブッダに関する書籍を3冊買いましたが、まだ読んでいません。』 ぜひ、読んでください。 それから、考えてみては。

0

私が8年前に最初に仏教に興味を持った時に思ったのが、「何から学び始めたらいいのか?」ということでした。私、その人の事を信用できないと、教えられてもどうも頭に入らないんです。疑い深いのかもしれません(笑) 無駄な時間を過ごして損しているような気がしてしまうのです。 そんな私ですから、本当の仏教を学ぶためには誰の言葉を信じたらいいのかを決めることからスタートしました。その結果、最も信用がおけそうな方を発見しました。 中村元(はじめ)先生です。日本のインド哲学者、仏教学者、比較思想学者の世界的権威、東京大学名誉教授。 なぜこちらの先生なのかと言うと、中村先生は「本当の仏教を知るためにはブッダを知ることで。最も古い経典を調べなければ本当のブッダの姿は見えてこない」という考えです。 ブッダは時に超能力を持った人のように描かれることがあります。しかしそれはブッダが亡くなってから2500年の間に勝手に誰かが脚色した話です。 中村先生はブッダもまた、ただの一人の人間であったと仰られており、少しでもブッダの言葉に近づくために最も古い経典を研究されたとの事でした。 さらに、「この先生にしよう!」と決定付けたのは、中村先生は「仏教を知らない一般の人たちに、誰もがわかる平易な言葉を使って伝えたい」と考えておられることを知ったからです。「私は詳しいですよ」と自慢が入る先生では途中で飽きますからね。 中村元先生はラジオデイズと言う番組にずっと出演しておられ、ブッダと仏教についてたくさんの講和音声データが残っています。車でも電車でも家でも本を読まずに何度も聞くことができます。全部買うと1万7000円?だったと思いますが全部買いました。 中村元先生は、パーリ語で書かれた初期の経典である「マハーパリニッバーナ・スッタンタ」にも精通しておられ、なんと、経典の間違い(ミス表記)まで指摘されるほど研究されている方です。 残念ながら中村先生は平成11年に亡くなられていますが、当時の先生の活き活きとした優しい語り口調は聞いていて大変和み、清らかな気持ちで先生の声に耳を傾けることができます。本当に優しい語り口調です。 私はその後何人かの学者の本を読みましたが中村先生ほどわかり易い教えはありませんでした。そのためそのCDを数十回以上聞いています。 本当に仏教のことが知りたいなら、まず最初にブッダについて学ぶことからスタートするのは合っていると思います。 中村先生は大変お勧めできます。 どうぞご参考までに。

0

仏教の本質を学ばれるのでしたら、仏教の教祖を「お釈迦様」「釈尊」と言われている物は避けられる方が良いと思います。教祖は私たちに「私のことはブッダと呼びなさい。阿羅漢サンマーサンブッダと呼びなさい」と言われているのに、わざわざ種族の名で「釈迦」と呼ぶのは、ブッダの宗教と違うものがあるからです。 お釈迦様の仏教の目標は滅苦ではなく、成仏や大我と一つになることなので、一つの同じ宗教と思われて色んな物を学ばれると、学べば学ぶほど混乱なさると思います。 教祖であるブッダの教えを学ばれるなら、manさんが紹介してくださったプッタタート比丘のサイトをお勧めします。初歩の話から最高度の話まで揃っています。タイでは何百年に一人と言われる僧で、間もなく没後30年になりますが、書籍は世界数十か国語に訳され、益々人気が高まっています。 http://buddhadasa.hahaue.com/

0

仏教には、善知識と呼ばれる自分を導く存在が言われています。あなたにとっての善知識がきっといる事でしょう。全ては自分次第であると言われています。基本的姿勢は、サイのツノのように独りで求道するものです。他人に依存してはなりません。素直な疑問が己を導きました。