倪维思携妻五年后再次来华,1871年从登州移居烟台,此后在那里生活22年之久,直到去世。

中国語 | 中国史13閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

助かりました、誠に有難うございます。 谢谢您

お礼日時:1/20 17:17

その他の回答(1件)

0

妻と5年後に再び中国に移住し、1871年に登州からヤンタイに移住し、その後22年間そこで暮らしました。 教会や学校を設立するだけでなく、山東省の本土に福音を広め、青州府(現在の益都)、西安郡(現在のWeifang市)、江蘇省(現在のリンフェン)に福音書を配布しています。 1877年、山東省は干ばつで前例のない飢餓を引き起こし、グオ・シェンデ牧師(Rev.)とともに、すべてを捨てることを決意しました。 ハンター・コルベット氏らは、救援活動を専門とし、地域社会に福音を伝えています。 彼は、被災地を訪問し、災害状況を理解し、被災者数をカウントし、救済策を策定し、資金を発行するために、高崖を中心にしました。 外部からの資金を調達するために、彼はしばしばヤンタイで妻に災害と災害救援について手紙を書き、その後、海外に転送しました。 手紙の断片から、当時の災害の深刻さが明らかでした。 「1877年3月:ここの災害は深刻で、人口のほぼ半数が近隣の州に避難せざるを得なかった。 過去6ヶ月間の人口の平均15%が餓死しており、死亡率がこれより高い地域もあります。 ...... 普通の人々の穀物は、小米、メロン、豆のコウノトリでさえ、すでに食べ尽きされています。 今、樹皮、草の根などで飢えている。 私たちが会った人のうち、10人のうち9人は黄色の筋肉で、目は凹んでおり、一部の骨はまきのように薄く、家だけを見ています。 彼らはあえて満腹を求めなかったが、生き残った。 多くの人が妻を売って女性を売るのを最後にした。 6歳か7歳の少女は1ドルか2ドル、10歳から12歳は3ドルから5ドルで売る。 ”