追突事故の示談について。 通院期間170日 通院日数80です。 慰謝料が63000円と提示されております。

補足

慰謝料が間違っていました。 提示額630000円 自賠責保険の計算では688000円でした。

交通事故 | 自動車保険258閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

加味すると約束したことと 自賠責より下がっている点を確認してみました。 加味すると約束したことと自賠責基準に合わせてもらうことを前提でまとまりました。 正直、ダメ元で言っていましたが保険会社側があっさり認めてくれました。 交渉はしてみるもんだなと。 ありがとうございました。

お礼日時:1/24 0:40

その他の回答(3件)

0

痺れを言ったところでだから?ってなるだけですけど 自賠責超えてるから無駄に通院した分の治療費で減ってるのよ 妥当でしょ

0

しびれが残っても後遺障害認定されなければ、慰謝料の増額はありません。 痺れがあるのか ないのかさえ、個人の自己申告じゃ保険会社は相手にもしません。 増額交渉するからには、根拠が必要、弁護士を委任、裁判所基準の慰謝料の請求などが必要です。

1

まあ今は示談するべきではないでしょう。保険会社(相手さん?)の提示額と自賠責の計算の示談金との乖離や、あなたには後遺障害も残っている。当然慰謝料計算については再考させるべきですし、そしてあなた自身に残っている後遺障害についても申告すべきです。これはあまり知られていないんですが、医者が「後遺症が残りますね」と言った時点で後遺障害診断書を書いてもらう権利が発生します。正確に言うと「病状固定」というんですが、これ以上事故によって負ったケガが良くならないなら、加害者の保険会社に対して医師の診断書を提出し、その後の保証について話し合うことができます...と言っても素人では手に負えないので、交通事故関連に強い弁護士さんなら適切なアドバイスを頂くことができると思います。弁護士費用?そんなの相手さんに請求したらいいでしょう。「誰のせいでこうなったんや?」と言えば一発でしょう。そして示談金ではなく示談内容についても吟味してください。保険会社の示談書は判を押したらそれ以上加害者に対して何も請求しないという内容ですから。ありのまま包み隠さず言った方がいいですよ。と思います。

1人がナイス!しています