ロシア空軍のTu–95ベアはプロペラ機最速を誇っているそうですが、 小型の速度記録機ではなくて、どうして大型の4発機がプロペラ機で最速に出来たのでしょうか?

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます

お礼日時:1/21 19:40

その他の回答(3件)

0

単発のターボプロップ機なんて軍用の練習機などを除けば少ないです。 セスナなど小型機のプロペラ機は多くはレシプロエンジンです。 ターボプロップだから高速で飛べるのです。 プロペラとはいえエンジン自体はタービンエンジンですから。

0

プロペラの回転速度を上げれば機体のスピードは増しますが、あまりにも回転速度を上げすぎると、プロペラ・ブレードの先端に「翼端失速」という現象を引き起こしてしまい、却って効率が悪くなります。 Tu–95はこの問題を解決するために、プロペラの回転速度を比較的遅いくして(約1500rpm程度)翼単失速を防止しました。 その代わりに、タンデムの2重反転プロペラを採用して推進力の増強を図かり、世界最速のプロペラ機を達成しました。 ↓2重反転プロペラ(An-70のプロペラです。)

画像
0

エンジンがターボプロップなんです。 ジェットエンジンにプロペラが着いた奴 小型機はそのままジェットエンジンです。