軽巡矢矧の艦載機(水上偵察機)について 坊ノ沖岬海戦(沖縄水上特攻作戦)において、戦艦大和と軽巡矢矧は、艦載機(偵察機)を載せて出撃していたと聞きました。

画像

日本史 | ミリタリー115閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0
画像

ThanksImg質問者からのお礼コメント

とても分かりやすくお写真まで、ありがとうございました! 大変、参考になりました。助かりました... これほどまでに、しっかりと写真に残っていることにも驚いています。 som様も作戦中の経緯などを教えてくださり、ありがとうございました。

お礼日時:1/23 14:29

その他の回答(1件)

0

大和自体の話になりますが、昔読んだ生き残った方の手記によると、坊ノ岬にて早朝搭載観測機の発進準備が行われ発進して対潜哨戒の名目でそのまま本土へ飛ぶよう指示されたとの事でした 特攻で沈むこと前提のため、艦載機をそのまま一緒に沈めるのはもったいないと言う考えで出された命令ですから、矢矧の艦載機にも同様の指示があるはずです 下の方の回答にあるように、逆に何らかのトラブルで一機だけ発進出来ず艦と共に沈む結果となったのでしょう