とある映画を観ていて?と思ったカットがありました。 江戸時代の物語で、出棺の時に故人の妻が玄関先で茶碗を割っていました。 調べてみると >故人の魂がこの世に戻ってこないようにするためです。

葬儀78閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(1件)

0

亡くなった人は 49日掛けて 極楽浄土へと旅立つ。と言います。 茶碗を割るのは もうこの家に戻ってくるのではなく またこの世に未練を残さず 迷わずに極楽浄土へ行ってください。と言う 意味です。 1度 極楽浄土へ 行ったなら 夏のお盆や お彼岸には 戻って来てね!と言う意味です。