回答受付が終了しました

ID非公開

2022/1/21 23:17

55回答

ピアノyoutuberやピアニストが出演する番組を度々見てて疑問に思うのですが、ピアノが上手いってどういう定義だと思いますか?

ピアノ、キーボード288閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

2人が共感しています

回答(5件)

1

ショパンは自分の曲はめちゃくちゃ上手かったようですが、恐らくリストの曲は全ては完璧には弾ききれなかったでしょう。 リストも恐らく自分が作ったオクターブを全開に活かす曲は完璧だったでしょうが、すべての指が独立して動いたというショパンの繊細な楽曲を、技術的に、あるいはショパンと同じような内面的表現を伴って弾けたか?というと疑問です。 現代のコンクールでは「音量が出せる」ことが優秀なピアニストの条件となっているので、音量が出ないショパンのような虚弱体質な演奏家はコンクールの条件的には優秀という評価がもらえないでしょう しかし小さなサロンであるとかクラブであれば華奢で虚弱な人でも問題ないというか、むしろ適性があるかもしれません 結局、「誰かが望む環境」「今の社会が用意した環境」で最も適切なパフォーマンスが出せる人が、生き残るわけです その環境がYoutubeなのか、コンクールなのか、ホテルの片隅なのかは違います その環境に適切なスペックの人が社会的に受け入れられて生き残るわけです Youtubeで膨大な再生数があるから、といって国際コンクールで選ばれるわけではありませんし 国際コンクールで選ばれたから、といってYoutubeで膨大な再生数が出ることもありません(まず客層が全然違いますからね) ただご質問で挙げられている 1と2であれば 基本的には間違いなく2の方が技術力は上です

1人がナイス!しています

1

上手い下手はどこまでいってもその人の主観によるという回答になりますぅ♪ 素人の場合はまず本人の嗜好に合う事が大前提ですぅ 決して難しい曲を速い速度で弾ける事=上手いにはなりません。 例えばゆっくり簡単な曲を表現的にppp~fffまでを1000分割ししなやかにコントロールしハッと思えるような抑揚をつけ音楽的に素晴らしく演奏できる人と単に難易度の高い曲を倍速で正確無比に弾く人が居たとしますぅ 上記どちらが上手いか?と聞かれたら私はゆっくり簡単な曲でも音楽的に 素晴らしく安定して奏でられる人が上手だと感じます。 1.伴奏を弾けて弾き語りが出来る @というのもそれは上手なのではなく多才である、特技の類でしょうぉ 伴奏を弾けて弾き語りが出来ると豪語する方の中にも下手くその見本のような人も実際にいる訳ですしぃ 2.クラシックなどの有名曲をとんでもない早さで正確に弾く事ができる人も 実際に居ますけどぉ 簡単な曲を音楽的に弾く事すらできないような人もいる訳ですぅ それを単純に上手だとは私は言い切れませんぅ♪

1人がナイス!しています

1

> ピアノが上手いと言う定義は何を基準にして考えたらいいんですか? クラシックに限定して言うなら、「弾いた結果が音楽的にどれだけ良いものかどうか」ということを基準にします。単にテクニックだけ、というのでは意味がなく、「その曲を、どれだけ説得力をもって再現しているか」というようなことです。 ですから、その上手い下手を判断できるためには、当然、判断する人の側にも高度な音楽性が要求されるわけで(「音楽的に良い」ということがどういうことであるかが予めよく分かっていないといけないので)、クラシック音楽の勉強をしていない一般の人には、本当の意味での上手い下手は判断できないでしょう。 > ピアノにも課題曲があり、「これがしっかり弾けたら上手い」などの基準はあるのでしょうか? そういう基準となるような曲は特にありません。 > 努力+才能がないと弾くの無理って曲はあるのでしょうか? 20世紀後半以降の曲にはそういうものが多いですね。 聴いてもあまり面白くはないと思いますが、いくつか挙げると ・メシアン作曲「幼な子イエズスに注ぐ20のまなざし」(1944年)から 第6曲「神によりすべてはなされた」 https://www.youtube.com/watch?v=dtE0Y7wUfCQ ・シュトックハウゼン作曲「ピアノ曲10」(1955年) 手の平でのグリッサンドなどがあるので、プロテクター(手袋)を付けて弾いています。プロテクターがないと手が血だらけになります。手だけではなく、前腕や肘なども使います。 この曲は絶望的に難しいです。史上最も難しいピアノ曲の1つで、きちんと弾けるピアニストは限られます。 https://www.youtube.com/watch?v=qfRlVvqBfYA ・クセナキス作曲「ヘルマ」(部分)(1961年) デタラメに弾いているのではなく、全部楽譜に書いてあります。 https://www.youtube.com/watch?v=fKu4MJNbsfI ・フィニッシー作曲「イングリッシュ・カントリー・チューンズ」(1986年) これも最高難度のピアノ曲としてよく知られています。 https://www.youtube.com/watch?v=_n00Z-Rv80c ・リゲティ作曲「ピアノのための練習曲第2巻」(1994年)から 「魔法使いの弟子」 https://www.youtube.com/watch?v=aglprO-gNJA

1人がナイス!しています

1

定義に関しては全てケースバイケースと言うしかないと思います。 社会的な印象だけで言えば、単純に総じて「速弾き」な感じはしますけど。 また、努力も才能の一つだと定義しちゃえば、どこまでも水掛け論になる話だと思います。 ただ、才能というのが生まれつき両手の指が6本あり、他の人よりも多くの音を出せるとかそういうものの事を指すとかいうならもっと混乱しそうですね。

1人がナイス!しています