ID非公開

2022/1/22 7:54

77回答

某電話会社の置き型Wi-Fiを使用していますが、電波が良くないので NURO光を申し込もうかと思っています。 エリアは対象エリアでした。

インターネット接続 | 周辺機器134閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0
画像
ID非公開

質問者2022/1/25 0:52

詳しくご回答頂きありがとうございます!

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様とても分かりやすいご回答ありがとうございました!

お礼日時:1/25 0:55

その他の回答(6件)

0

用意するとしたらLANケーブルですね。 付属のLANケーブルは、1本なので。 短い場合、長いLANケーブルを購入する必要があるので、2本購入することになるかもしれません。 インターネット回線=Wi-Fiでは、ありません。

ID非公開

質問者2022/1/25 0:52

詳しくご回答頂きありがとうございます!

0

nuroは場合によっては工事が遅い。それさえ我慢すれば、速度は2Gbpsとか他の回線の2倍の速度。標準のレンタル機器がWiFi内蔵など有利な点が多いらしい。月額費用も割と安い部類。特にオプションを付ける必要は無い。有線電話を 止めて光電にするには、月額550円電話オプションが必要なくらい。 欠点はnuro専用回線なので他の回線/プロバイダーに変更できない事くらい。(nuroは回線とプロバイダーが込みになってる)。他の回線/プロバイダーに変更するには回線引き込み工事から行う必要がある。

ID非公開

質問者2022/1/25 0:52

詳しくご回答頂きありがとうございます!

2

無線LAN と言うのは、機器同士を電波で接続すると言うLANの形態の事であり、その電波が作るネットワークの事です。 Wi-Fi と言うのは、その無線LANで機器同士を接続する際に、機器同士が行う接続動作を統一して規格化した物の名前です。 本来、無線LANにはWi-Fiで接続する物とWi-Fiでは無い物とあることになります。 しかし、現状では、ほぼ全ての無線LAN機器がこのWi-Fiと言う規格を採用しているため、無線LAN機器の接続=Wi-Fiでの接続と言うことになっています。 なので、今は「無線LAN」と言う言葉と「Wi-Fi」と言う言葉は同義語として使われています。 だから、無線LANルータとWi-Fiルータは同じ物です。 インターネット接続サービス事業者などが、インターネット接続を前提にWi-Fi接続すればインターネットにアクセス出来る事から、自社のサービスをWi-Fiと言ってしまっています。 このため、Wi-Fiをインターネット接続だと勘違いしている人が沢山います。 ここで質問している人の殆どが勘違いしてるのでは?と思えるほどです。 また、「Wi-Fiルータ」だから、格好付けて言葉を省略してWi-Fiルータ自体をWi-Fiと言ってしまう人もいる。 更には、中途半端な知識で、無線LANルータは無線LANと良い、無線LANと言う装置に電波で接続するのがWi-Fiと思ってる。 無線LANと言うのは、あくまで形態を表している物であって、これは不変です。 しかし、Wi-Fiと言うのは、あくまで今採用されている規格がWi-Fiしかないので、上記の通り同義語として使われているだけで、将来他の規格が使われてきたら、必ずしもWi-Fiではなくなる事もあるだろうし、そもそもWi-Fiが無くなる可能性だってあります。 >置き型のWi-Fiのような物は別途購入しなければいけませんか? 元々、「無線LANルータ」と言うのは、光回線など固定回線を利用する為の自身ではインターネット接続回線を持たない物の事を言います。 この無線LANルータは固定回線に接続して使うのだから、基本的には回線事業者の範疇です。 つまり、移動体通信事業者(携帯電話会社)は蚊帳の外になります。 そこで、移動体通信事業者は回線事業者が手を出せない外出時の事を想定して、自社のモバイル回線をインターネット接続回線として使える無線LANルータを考えます。 その為に、小型化して、バッテリーを搭載し、モバイル回線用の無線機を内蔵した物が登場します。 それが「モバイルWi-Fiルータ」または「ポケットWi-Fi」です。 ここでまた問題。 この「ポケットWi-Fi」と言う事で、これ自体を「Wi-Fi」と言う輩が登場します。 で、このモバイルWi-Fiルータを家で使おうと言う人間が増えます。 そうなると逆にモバイルWi-Fiルータでは心許ない物になってしまいます。 そこで、移動体通信事業者は家で使うことを前提として「持ち運んで使えないモバイルWi-Fiルータ」を提供しだしました。 これの言い方が様々で、「置くだけWi-Fi」とか「さすだけWi-Fi」とか。 あなたの言う「置き型のWi-Fi」と言うのもその部類かと。 そうなると、どう言う意味で言っているのかが問題になります。 無線LANルータが必要かと言う意味で言っているなら。 固定回線を複数の端末で利用するには、ルータが必要で、無線LAN接続で使うなら、無線LANルータつまりWi-Fiルータが必要と言うことになります。 これは決まりです。 だから、問題はその無線LANルータをどうするのかです。 フレッツ光 基本は回線終端装置までで、無線LANルータは提供されない。 ひかり電話、フレッツテレビをオプションで契約した場合、ひかり電話ルータが提供され、オプション契約で無線LANも使えるようになる。 無線LANのオプション契約だけでも、ひかり電話ルータが提供される。 光コラボ各社 フレッツ光の設備を使うので、基本的にはフレッツ光と同様だが、IPv6IPoE+IPv4overIPv6接続サービスを前提にしているので、自社の方式に対応したルータを後付けの形で別途提供しているところもある。 auひかり auひかりはホームゲートウェイと呼ばれる無線LANルータが標準で提供される。 が、無線LAN機能自体はオプションを契約しないと使えない。 NURO光 NURO光はauひかり同様、ホームゲートウェイが標準で提供される。 こちらは標準で無線LANの利用も可能。

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/1/25 0:53

詳しくご回答頂きありがとうございます!

1

まず据え置き型のWi-Fiという考えが悪い。 Wi-Fiは電波の事であって据え置きとかありません。 据え置き型Wi-Fiではなく、固定した場所でモバイル回線をインターネット回線として利用するルーターです。そしてそのルーターに無線LAN機能が搭載されているというのが正確です。これをホームルーターと呼びます。 それで一般的な固定回線である光回線では、インターネット回線をモバイル回線ではなく光回線を利用するルーターで、NURO 光の場合、標準で、そのルーターに無線LAN機能が搭載されている、になります。 なのでWi-Fi接続の方法は変わりません。繋ぐルーターがNURO 光のルーターに変わるだけです。 それとWi-Fiルーターとはルーターのなかで無線LAN機能が搭載されたルーターの事をWi-Fiルーターと呼びます。 貸し出されるルーター(ホームゲートウェイとも)に無線LAN機能がついていれば、別途Wi-Fiルーターを買う必要は無いですし、なければ市販のルーターを買えばいいだけです。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/1/25 0:53

詳しくご回答頂きありがとうございます!

0

NURO光は回線契約と合わせて、ONU内蔵のWi-Fiルータがレンタルになります。機器はこちらにあるどれかです。(指定はできません) NURO光 機器 https://www.nuro.jp/device.html 開通までの時間が読めないこともありますので、申し込みはお早めに。契約しないことには引けるかどうかは分かりません。(たまに宅内工事から長期に待たされて突然キャンセルを受けたといったご質問もあります。)