戦国時代の人々の筋力や持久力が凄かったと聞きましたが本当ですか? 低身長で&栄養状態が悪いというイメージしかありませんが… 肉食も無かったですよね? 詳しい解説をお願いします。

日本史 | 日本史68閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(1件)

0

前の回答者様の回答に付け加えて。 戦国時代の農民(兵士)や武士の体力や持久力は現代人と比べて、勝るとも劣りませんよ。 朝から晩までの農作業。すべて肉体労働ですよね。 そして収穫したコメは「俵」に詰めて保管します。 重さは1俵が約60キロです。 現代人で、60キロの荷物を軽々と運ぶことのできる人は何人いますかね。 さらに女性もですよ。 また戦になると、重い鎧を付けて一日中戦い続ける。 秀吉の中国大返しでは、約300キロの道のりを6日間で走り抜けたようですね。1日平均50キロですよ。 1日50キロを6日間、走り続けることが出来ますか。 まあ現代のマラソン選手なら可能かも・・・・ しかし2万人の兵隊がそれをしたのですよ。 ものすごい体力、持久力ですね。 江戸時代は、今のように車も何もありませんから、基本的に異動は全て徒歩です。 1日10キロ20キロなんて歩くのは普通でしたよ。しかも道路は舗装もしていない道ですからね。