日本海軍が行った「い号」や「ろ号」作戦は機動部隊の艦載機を陸上基地から運用していますが、これは空母から発進した方が効率的な運用が可能だが、空母を危険な目に合わせたくないという温存策だったのでしょうか?

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:1/27 19:32

その他の回答(1件)

0

何をもって効率的というかにもよりますが、設備は整えやすいが限られた搭載数と容積の空母艦載状態での作戦と、設備や拠点規模次大差で多種多様の機種が運用できる基地配備航空機を使った作戦では長所短所があります 東部ニューギニア~ガダルカナルでの当時の戦局では、日本海軍側が現地に回せる戦力と敵味方の位置関係からは、作戦機総数を増やしやすい基地配備を優先したということです