なぜ日本軍は降伏するより死を選んだんですか? 中国軍はともかく、アメリカ軍やイギリス軍は日本兵を捕虜にしても絶対に殺すというわけではなかったでしょう。

ベストアンサー

6

6人がナイス!しています

その他の回答(14件)

0

多分、侍魂でしょうね。 降伏よりも死んだ方が良いとされていたと思います。 多くの意見がそうだと、自分もそうするしかなくなってしまったのでしょうね。

0

「硫黄島からの手紙」に描かれていますよ。 アメリカ兵は捕虜を取るのが面倒だったので降伏してきた日本兵を平気で殺害しています。

0

捕虜条約 日本帝国 批准 で検索するよろし 元々日本帝国は幕末に結ばれた不平等条約を改正しようと欧米以上に行儀よく国際法を遵守してた 捕虜に対する処置も一緒で日露戦争や第一次大戦では日本国内に来た捕虜は強制労働すらなかった https://www.nippon.com/ja/in-depth/a03303/ ところがこの結果、捕虜を取ると多額の運営費が掛かる(しかもその運営費は日本持ち)、なんで後に捕虜条約を結ばれる時に日本は金が掛かるから、と批准しなかった そーゆー背景もあり、国際法的には捕虜になってもその生命が保証されない、という状態だった(日米英が相互に確認を取ったのは開戦後、よく引き合いにされる東條陸相が出した戦陣訓は戦争開始の一年近く前であり、それまで「捕虜になったらどうするの?」という基本的なことすら取り決めしなかった歴代のお偉方の尻拭いをしただけ、とも取れる)