ボーイング737MAXってダメなんですか?

飛行機、空港131閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

飛行機は機首上げになると 失速しやすくなります 737MAXは 巨大なエンジンに換装した事で エンジンを主翼から思いっきり突き出して装備しないと 地上との安全なクリアランスが確保出来なくなりました そしてその為に 基本的な飛行特性は 機首上げになります 機首上げ特性により失速し易い為「MCAS」と言う失速防止システムで機首上げ特性を抑制する対策を取ってますが このシステムの要になるセンサーの誤動作で 営業飛行中の二機も墜落しています どんなに対策を行っても センサー異常での誤動作を防ぐ事は出来ないでしょう また補完する安全対策も充分で無いので Boeingの技術社員で737MAXに乗ろうと思ってる人は居ない様ですね

0

ダメとなったのには理由があると思います。 開発したボーイングが必要である安全面での訓練を必要ないと強引に働きかけたというのが根本にあります。 そのため、不具合が起きた時にパイロットは対処が判らないため墜落に至りました。 そのためにボーイングは非難を浴びています。 で、実際はどうなのか?では私は不具合の起こる可能性に対して原因と対処する訓練を行なえば、そして不具合が起こった時にパイロットに必要な操縦を任せられるシステムになっていれば飛んでも良いのかなあと今では思っています。これは事故の原因を自分なりに調べて思ったことです。 今後どうなるかは分かりませんが、開発した技術を死蔵させないようにした方がよくないかな?と思います。 B737MAXは737シリーズ自体が基本設計が古いので、次のモデルは全くの新規設計で最高の評価を得てもらいたいですね。