簿記二級のネット試験で、手形の更改の問題について教えてください。 ネット試験の場合、指示がない限りは仕訳問題における各設問の解答では各勘定科目の使用は、借方・貸方の中でそれぞれ1回ずつとする。

補足

ネット試験では、指示がなき限り同じ勘定科目を借方・貸方の中で2回使用すると、不正解 条件もあります。 肝心な部分を記載漏れしてました。

簿記117閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。 指示がなき限り同じ勘定科目を借方・貸方の中で2回使用すると不正解でも、やっぱりこのケースは相殺してはいけないんですね。

お礼日時:1/23 19:26

その他の回答(2件)

1
ID非公開

2022/1/23 17:00(編集あり)

?????????? 【仕訳問題における各設問の解答にあたっては、各勘定科目の使用は、借方・貸方の中でそれぞれ1回ずつとしてください(各設問につき、同じ勘定科目を借方・貸方の中で2回使用すると、不正解になります)。】 ですが…(^_^;) 「同じ科目を借方・貸方でそれぞれ1回ずつなら使っていい と解釈できませんか。」と逆質問されていますが、そもそもそう書かれていますよね?(それぞれ1回ずつ、と) 上の【】内はホームページをコピペしてますから嘘は書いてません

1人がナイス!しています

1

受取手形 500,000/受取手形 500,000 この仕訳は借方・貸方それぞれに1回ですから問題ありません。 指示がない限り…というのは 借方または貸方に同じ科目2回以上使ってはいけない、ということです。 例えば、1,000,000円の仕入にあたって、500,000円の約束手形を2枚振り出したからといって 仕入1,000,000/支払手形500,000 .......................支払手形500,000 のような仕訳はだめだということです。

1人がナイス!しています

失礼しました。 同じ勘定科目を借方・貸方の中で2回使用すると、不正解 条件もネット試験にあります。 この条件が付いても 受取手形 500,000/受取手形 500,000 は、使っていいものなのでしょうか。