ID非公開

2022/1/24 7:46

55回答

天皇家の祖はなぜ天照大神なのですか?イザナギノミコトではないのですか?

日本史 | 宗教151閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

0

それは「神話の世界のお話」です。 古事記、日本書紀によれば、3神の命により伊弉諾尊・命(イザナギノミコト・男神)、伊弉冉尊・命(イザナミノミコト・女神)の娘が天照大神(アマテラスオオミノカミ)、弟が須佐能尊・命(スサノウノミコト)となり、この男は暴れん坊で、出雲の国に行かされる。 天皇家は、面白いことに天照大神の子孫としていて、伊勢神宮に祭っている。そこに三種の神器の鏡がご神体である。そういう風になっているようです。 また、日本は淡路島からつくられ、他の小さな島からつくられていく。 古事記には、因幡の白兎や八岐大蛇のお話が出てくる。沖ノ島と出雲の国との間となる。 おそらく、このお話は別として、太平洋側はほとんどさかえていなくって、日本海側が琉球、朝鮮、中国、北海道も含むオホーツクが、活発な交易、交流ネットワークを造っていたと思われる。日本は、多くを中国、朝鮮からの文化や珍味や工芸の恩恵を受けている。

0

イザナギは八百万の神の親です。死んだイザナミの気を受けて最後に生んだのが太陽の神のアマテラスで特別なのです。

0

ギリシャ神話での最高神がゼウスであって、クロノスでないのと同じです。

1

天照大神は「自分の長男の家系が皇であり、目に見える世界を統治しないさい。次男の家系は出雲の大社で見えない世界の神に仕えなさい」という内容の神勅を出されたからです。

1人がナイス!しています