ID非公開

2022/1/24 11:22

66回答

昔はヘッドホンやイヤホンで1万以上と言うとオーディオ好きしか買わなかったですが、今は高額なワイヤレスイヤホンが売れてるのはなんですか?

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

あと、ノイズキャンセリングが普通になってくると、ノイズキャンセリングなしのワイヤレスイヤホンを持っている人も買い替え需要が出てきます。 イノベーションが富を生むのです。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございます

お礼日時:1/25 17:59

その他の回答(5件)

1

Appleの影響力は大きいですし、AirPodsの価格が基準になってるんじゃないでしょうか。

1人がナイス!しています

1

再生機とイヤホン側の技術が向上、価格差による差別化が明確になったからだと思います。 10年前は、1万円の再生機も4万円の再生機も、価格ほどの音質差はありませんでした。 イヤホンもしかりで、イヤホンも価格ほどの音質差はなかったです。 近年になり、バランスドアーマチュア型の技術向上もあって、価格差による音質の違いが「わかる人にはわかる」だったのが、「誰が聴いても明白」となり、それらの価格差に多くの人がお金を出すようになりました。

1人がナイス!しています

1

昔は大型スピーカーでガンガン音出ししても結構大丈夫でした。 私なんか深夜2時までジャンジャラ音出しして聴いていました。 今じゃ同じ事やったら警察に通報される。アパートでやったことあるけど、上下左右隣近所の人まで睨まれました。今は音出しが出来ない環境になっています。

1人がナイス!しています

1

昔はCD聴く人が多かったのでコンポ・ラジカセ使ってる人が多かったと思います。その場合はイヤホン等はあまり使わなかったかも。 今はスマホ・PCが主流なので、イヤホン・ヘッドホンで聴く人が多いですね。 Bluetoothイヤホンでハイレゾ対応だと3万円ぐらいするのですが、それが売れてるみたいです。 あとはAppleだから、という理由だけでAirPodsProとか買ってしまう人も多いみたいですが。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/1/24 12:59

AirPodsProはiphoneが浸透してなかったらあの値段では絶対にうれませんね。

1

聴く手段が手軽になって、音楽を日常的に聴く母数が増え、必然的に需要が高まったからじゃないかなと思います。

1人がナイス!しています