1970(頃)で刺さった曲… 60年代が終わり70年代が始まる、この頃が洋楽のひとつの頂点だったような気もします。

画像
補足

皆さん、今回も本当にたくさんのご回答をありがとうございます! やはり「1970」は奇跡の年…皆さんの選曲が刺さりまくりです♪ まだまだ締めませんが次回の予告を… 次回もこのパターンで「1985」でいきたいと思います。 80年代中盤も洋楽の「ホットゾーン」だと思います。 1984~1986年の「刺さる曲」をお願いしたいと思います(^.^) 似たスレは連続して出した方が盛り上がりますので、 このスレのBA決定後、わりと早く出す予定です。 またよろしくお願い致します!

洋楽 | ライブ、コンサート2,187閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

3人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ftxさん、ご回答ありがとうございます! 来ましたぁ~Stones♪ 「音楽的絶頂期」には激しく同意です! 70年代前半のストーンズが一番カッコいいと思います(^^)v

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さん、今回も本当にありがとうございました! 「奇跡の年」1970に相応しい見事な選曲の数々が刺さりました♪ BAは悩んだ末にStonesを最初に挙げてくださったftxさんに(^.^) さて次回は「1985」のお題でいきたいと思います! 早々にリリースする予定です。 いい「ふきだし」が降りてきたので…(#^.^#)

お礼日時:1/31 12:47

その他の回答(39件)

0

https://youtu.be/xLy2SaSQAtA John Lennon ー Instant Kama! aw さんこんにちは。 1970 がテーマという事ですが、私の好きなビートルズ、ストーンズあたり出尽くしてますし、かなり悩みましたが、その中でもジョンの原点回帰とも言える、このストレートなロックナンバーを選びます。この曲のサビの盛り上がりを聴く度に、この時代の「熱さ」みたいなものを強烈に感じます。

staさん、いつもありがとうございます! き、来たぁ~ジョン♪ 何の説明も要りません(^^) B(特にジョン)の凄さって「変化を恐れない」(過去を振り返らない)姿勢にあると思うんです。 「Dream is over」と世界の頂点を極めた栄光さえ捨て去る… ジョンの生き様こそ「ロック」です!

1

CCR Have you ever seen the rain この曲が流行った当時、日本のアメリカンスクールでは、 男子はみんな、米軍のジャケットを着てました。時代の象徴というか。 その五年後くらいに日本でもそれが流行りましたよね。 あと、颯爽と現れたのがエルトンジョン。

1人がナイス!しています

1

George Harrison - The Ballad Of Sir Frankie Crisp (Let It Roll) https://www.youtube.com/watch?v=sClE7mmw3-s

1人がナイス!しています

ストロークさん、ご回答ありがとうございます! 来ましたぁ~ジョージ♪ このギター、やっぱりジョージです(^.^) 70年代初頭、Bで一番輝いたのは「第三の男」ジョージとまで言われますよね。 お見事です!

1

色々目移りしますが、個人的にはやはりココを避けて通りたくないかなという感じです。 The Meters - Cissy Strut('69) https://youtu.be/yBt-eXuog3k

1人がナイス!しています

sunさん、ご回答ありがとうございます! これは知らなかったのですが… インストなんですね♪ クールなリズムがこれまた「70」してると思いました(^^)v うーん、渋いです!

2

IDを20-30個作って回答してもいいですか? って言いたいほど濃密な3年間ですねー awさんとはたぶん同程度のヨチヨチでしたが(笑) 各方面を考えると曲は無限なので、象徴的なストーンズから ・・て言っても、この時代が刺さる2曲は当然既出であります しょうがない、別のバンド名義でダメ押し! Gram Parsons & The Flying Burrito Brothers - Wild Horses https://www.youtube.com/watch?v=LZHJajD6T-M 1969年は夏にウッドストックがあったのに 冬にオルタモントの悲劇で愛と平和の幻想が消えてしまった ロック激動の年ですね その悪夢のコンサートの夜にキースリチャーズは この曲のデモをグラムパーソンズに渡したとされます (グラムはストーンズにカントリーを教えた恩人でもあり キースが「俺の弟」と呼ぶほど親密な仲だった) ジャガー/リチャーズ共作の曲を、ミック許可のもとw グラム在籍のバンド、ブリトーズが1970年に先行リリース ストーンズは1年後、1971年のSticky Fingersに収録 (この辺の経緯から実はグラムの作品ではとの噂もあったが 本人が亡くなる前に当夜のことを語ったインタビューあり) 今回、猿メガネさんがレオンラッセルの回答されてますが この時も参加してたはず・・(ですよね?猿メガネさ~ん!) 詩の解釈は諸説あり、キースとドラッグの関係を歌ってるとか ミックの当時の恋人マリアンヌ(不二子ちゃんのモデルですよ 音符さ~ん!)の自殺未遂があって書き上げたとか いずれも「あの世で会おう」を思わせるものです Gimme Shelterがオルタモントと結びつけられることで 一つの時代の終焉を意味するなら、Wild Horsesは 60年代を生きて先に亡くなった人達へのレクイエムのようにも 聴こえます(今は) 文中での脱線呼びかけ失礼しましたぁ~

画像

2人がナイス!しています

アイコンは若きキース師匠です 名人の定期スレに出す曲に合わせて変えてたんだけど これからタイミングに困る ^^; awさんのスレはよく出るから忙しいしなあ~