ID非公開

2022/1/25 22:01

44回答

よくエンジンを時々回してやらないと上まで回らないエンジンに成ってしまう

車検、メンテナンス189閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様ありがとうございました 低回転ばかりやとあまり良いことは無いみたいですね

お礼日時:1/26 21:43

その他の回答(3件)

1

ピストンの上死点まで行く際に、回転数の低いとこばかりだと、シリンダーがその部分だけで削れて段差となり、高回転まで回した時に、その段差が抵抗になって回らなくなると、もう半世紀近く前にレーシングチームの親分に聞きました。その後、2輪ロードレースの某全日本チャンピオンに聞いたり、半年くらい前だったか、WEBの自動車雑誌かなにかで同様のコメントを見た記憶が有ります。 以下蛇足です。普段は燃費を気にして、ブレーキをチョコチョコ踏まない様な まったりした運転をしてますが、高速で本線に合流するだとか、一日一度くらいはキッチリレッドゾーンまで引っ張るようにしてます。だからと言って、回してないのと回したエンジンの比較は仕様も有りませんが、回さないと回んないエンジンになるということはあり得ると思いますよ。まあ、回さなくて済むのであれば、安全の面でも燃費の面でもいいんでしょうね。私は回すしそういう運転が好きなので、リスク覚悟でやってます(回さないとつまんないです…)。バイク(パワーウエイトレシオがほぼ1)だと、あっと言う間にジェット機の離陸速度ですが、車だと目や体が追い付かないことはないし、いい音をきかせてくれるエンジンなので回したくなります(^.^)

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/1/26 4:15

レース用のバイクのピストン見たことありますが、確かに光り方に違いがあってよく擦れて光ってる部分には細かいペーパー当ててました

0

>回してやらないと上まで回らないエンジンに成ってしまう そんな事は無いです。 迷信の類です。 ただし、チョコ乗りばかりだとスロットルボディーにカーボンが溜まる バルブにカーボンが溜まる。 なので吸排気効率が落ちるって事はたまにある。 カーボンを取るにはエンジンの温度を高温で保つと良い なのでエンジンを回した方が良いと言います。

ID非公開

質問者2022/1/26 4:57

あの吸排気バルブにこびりついてる頑固な付着物は炭化したのがカーボンなんですね あれが悪さしてエンジン性能を引き出せなくする可能性は有るんですね

1

あたりが悪くなるから 部品同士のこすれですかね?

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/1/25 22:07

ありがとうございます〜 最近のエンジンですと、そこそこあたりのついた状態で出荷されてると聞いた事ありますが、まだ足りないって感じなのでしょうかね