煙突のついたドラム缶を買って、裏庭の古い木などを 燃やすようにしました。 点状の円の部分の半分が開閉する構造ですが、 そこを開けておくと火がドラム缶から出るくらい

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。

お礼日時:1/30 21:22

その他の回答(8件)

0

あけて燃やすと燃えた紙がそこから飛び出て何処かに飛んで行ってボヤの原因になったりするとは思いませんか? 常識的に考えてください。 熱い空気は上に昇る、理論的に考えてください。 それだけのことです。

2

キャンプブームで焚き火を非難する人は減ったけど、「庭で」が付くと変わらず非難する人が湧きますね。 ●自治体の決まり 私の住む所は、地方というより下町ですが、それでも暖房目的で少量のゴミを焼却する事は条例で認められています。寒いので焚き火するなとは言えないわけで。 質問者さんがどこにお住まいかはわかりませんが、文面からすると、農業や林業も行われていそうな地域でドラム缶で制作された焼却炉を使ってもおかしくない地域では、と思います。要らない木や枝やワラなどを燃やさなきゃ仕事にならない地域もあるわけで。 ゴミの焼却が違法かどうかは質問者さんの住んでいる自治体次第ですのでホムペなどでご確認ください。回答者の中には、わけも分からず「違法」だの「逮捕」と脅す人もいますが、気にしないでください。 ●燃料投入口を開けると火力が増す理由 仮に、ドラム缶で制作された焼却炉が、先に回答なさった、たかさんの貼った写真あるいは類似の構造だとすれば、下部の吸気穴の面積に比べ煙突の断面積が小さすぎるので空気の流れが制限されてしまっているためです。個人的には設計ミスというか考慮が足りないかなと思うのですが、単純に、煙突をもっと太いものにすればいいというべきか、高温になり過ぎて金属が劣化するのを防ぐ目的で意図的に細い煙突なのか…ちょっとわかりません。本来は、耐熱レンガを内部に貼るなどで高温で燃やせるようにすべきでしょう。まぁ、低価格の焼却炉ではこんなものでしょうか。 ●正解は? > 燃えている時にフタをしめて使うのが正しいのか > 開けたまま使うのが正しいのかわかりませんが、 説明書には何と書いてありますか? それに従って下さい。 推測で良ければ、質問者さんの買ったドラム缶で制作された焼却炉は簡易なもので、炉の内部に高温に耐えるレンガが貼ってあるなんて事は無さそうだから、ステンレスでも500℃ぐらいから劣化が始まるので(というかストーブの外側が赤く光る)耐えられないから、フタを閉めて火力を落として使わないと焼却炉の寿命が縮まるのでは、と思いました。

2人がナイス!しています

1

個人が野焼きするのは違法ですよ。

1人がナイス!しています

2

写真のようなやつですかね そもそも焼却炉やストーブは上蓋を閉めて使うもの 可燃物のにより煙突から燃焼排気し下孔から空気を吸い込無構造 上蓋や横蓋は、焼却するものを入れる!"扉" この部分を開けておくと不完全燃焼を起こし、良く燃えませんし、 煙や有害ガスが立ち上り易いのです 効率よく燃焼させても、煙・ガス・灰・煤が飛びます 使い方や使う場所を間違えると、近所迷惑になります どうぞご注意を

画像

2人がナイス!しています

2

そもそも違法だと思うのでやめた方が良いのでは?

2人がナイス!しています