日本のキャッシュレス普及率が低いのはなぜですか? キャッシュレスが進めば脱税の取締や紙幣の流通経費の削減など多くのメリットがあるのに

画像

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(13件)

1

キャッシュレスの利便さを理解できてない人が多いからでしょう。

1人がナイス!しています

0

簡単に言えば「キャッシュレスが不便」だからです。 不便な理由は「囲い込み」が原因で、これは使えるが、あれは使えない?が横行しているからですね。 こうなると、「もしかしたらメインのキャッシュレスが使えないかもしれない?」となるので、「常に現金を常備」するようになってしまいます。 解りやすく言えば「現金は便利」、「キャッシュレスは不便」という構図だからですね。

1

日本は海外と比べてキャッシュレス化が進まない環境なんですよ。 偽札が少ない 治安がよい 店強盗や店金庫泥棒も少ない 現金輸送車襲撃も少ない atm荒らしが少ない atmにマフィアが 読み取り機を入れてハッキングしない 外歩いてて恐喝とか少ない 脱税が少ない アメリカや中国は逆だからキャッシュレスが普及してます。 あと日本人は真面目で賢いからリボ払いをしないから クレカ会社がリボ払い事業で儲けれない分 店がクレカ会社に支払う手数料が海外より高く設定されてます。 これがネックです。 アメリカ平均1.5% 日本の場合 大手チェーン店2%や3% 中堅チェーン店 個人経営店5%や6% 風俗店 キャバクラ店 高級クラブ 10% 利益率が悪い商売してる店は少ない利益がクレカ払いされると手数料で 吹き飛んでしまいます。これがネックです。

1人がナイス!しています

偽札が少ない 治安がよい 店強盗や店金庫泥棒も少ない と言いますがシンガポールやスウェーデン、スイスは日本より治安がいいですが日本よりキャッシュレスが普及してますよ

0

表を見るとドイツも低いですね。また表にないですが中国なんか滅茶苦茶進んでいます。 また日独共に高齢化が著しい。 高齢者には新しい機能を取り入れ、適応するのに難しいからでしょう。 インドはこれから発展していくのでしょうね。

1

色々あり過ぎて使い辛い分かり辛い そういうとこだと思います 推進したいならもっとシンプルになって欲しいですね

1人がナイス!しています