(ワンピース) なぜチョッパーはヒルルクのために毒キノコをもってきてしまったんですか??

アニメ | コミック137閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

( ;ᯅ; ) 回答ありがとうございます。

お礼日時:1/27 2:30

その他の回答(3件)

0

あのキノコをどんな病でも治療できる万能薬だと勘違いしたからです。 当時チョッパーには医学知識が皆無で、病人相手に何をすればいいかが一切わかりませんでした。 余命あと僅かなドクターヒルルクに何かしてあげられないかと模索していたときに、万病に効くキノコの噂話を聞いてチョッパーはそれを探そうと決意しました。しかし医学の知識がないため、以前ヒルルクの語っていた「ドクロは偉大な象徴」という話から‘‘ドクロマークのキノコはどんな病気でも治せる’’という推察を立てて実行に移したのです。 当然図鑑のドクロマークは毒キノコの意味なので病気は治りませんし、寧ろ寿命が縮まります。 勿論ヒルルクは見た瞬間に毒キノコだとわかりましたが、それまで自分も散々無学故に様々な患者を悪化に追いやっていました。今更自分だけその「無知でも患者を助けたい」という信念から逃げるわけにも行かず、またチョッパーの裏表ない純粋な優しさが嬉しかったこともあって毒キノコを食べるに至ったのです。 何かを成すには想いだけでは駄目で、知識と教養が必要だ。 作者はそれを読者に伝えたかったのでしょう。

画像
1

チョッパーには、ドクロのマーク=良いもの、だという認識があったので「毒キノコ=良いもの』だと勘違いしていました。

1人がナイス!しています