回答受付が終了しました

東日本で1番の温泉街というか、温泉のあるエリアってどこですか?

回答(9件)

0

あのね~ 求めている物をもう少し詳しくし示さない回答はむずかしいですな 「温泉街」なら草津でしょう 温泉街をどう捉えているか分かりませんが 一番大きな温泉街は草津で間違いない 「エリア」はどの程度の範囲を想定しているのかな 別府を上げているのでその程度の範囲を考えても草津かな 箱根は宿泊者数とかでは1番やけど 結構離れているところがある 別府にも離れているところがあるけど 中心部には沢山の共同湯がある 箱根にはそんなところがない 熱海は割と限られたエリアになるんやけど 共同湯が少ないし 温泉街は駅近くの一部になる

2

20年以上前で古いデータですが、日本温泉協会による2000年度調査統計があります。 http://www4.kcn.ne.jp/~t-yoko/arakaruto/4-shukuhakushisetusuu-shuuyou.html これによれば「温泉地別宿泊施設数」「温泉地別収容定員数」とも、箱根温泉郷が断トツで日本一です。 別府だって市内全域の温泉地をまとめて「別府温泉郷」といっているのですから「箱根温泉郷」が東日本一の温泉地といってよいと思います。 単一の温泉地としては熱海温泉になると思います。日本の東西の切り分けは難しい問題ですが、「中部地方のうち関東地方と接している県(静岡・山梨・長野・新潟)は東日本に含める」というのが常識線だと思います。少なくとも伊豆半島が西日本に属するとは、地元の人も東京人も関西人も考えてはいないでしょう。 バブルはとうに崩壊していたとはいえ20 年以上前のデータですから、現在は施設数・収容定員数とも数を減らしているでしょう。今の「勝ち組」温泉地は、由布院・黒川・銀山など規模拡大に走らなかったごく一握りの温泉地で、表にあるような大型温泉地はどこも廃業が相次いで軒並み規模が小さくなっているはずです。 その中では「本物志向」「源泉掛け流し重視」の高まりで、もともと大型旅館の多くない草津温泉は健闘していて、今も100箇所以上の宿泊施設と、10,000人以上の収容定員を維持しています。 飯坂温泉は、2000年度資料では欄外注記で10,000人以上の収容定員数があることになっていますが、現在は施設数はほぼ半減しています。飯坂温泉は東日本大震災でもっとも大きな風評被害を受けた福島県にあり、一時は復興作業関係者が長期滞在する「復興バブル」がありましたがその時期も過ぎ、この十年で旅館の廃業が相次ぎました。草津を上回る規模は、20年前も現在も有していないとはっきり申し上げておきます。

2人がナイス!しています

1

おんつぁさん、飯坂温泉にある二つの組合の名称はそれぞれ何と言うのですか。 その二つというのは、会員宿はまったく重なっていないのですか。二つの旅館組合が会員を奪いあっているのだとすれば温泉街によほど深刻な内部分裂が起きているということですが、そんな話は聞いたことがないんですが。 組合とか何とか関係なく、住宅地図や電話帳ベースで旅館を調べて、全部数えても45軒ぐらいしかないんです。民宿も含めても。 その中には、私が廃業していることを知っている旅館もあります。実際に営業しているのは、30数軒ではないのかなと。 電話帳に屋号を登録していないような民宿が仮にあるとしても(現実にはまずないでしょう)、民宿込みでも50軒は絶対に無いでしょう。 旅館が70軒とか民宿入れて90軒とか、どう見ても実態から乖離した虚偽に等しい過大な数値だと思いますが。どう多めに見積もってもその半分です。 飯坂も昭和の時代なら100軒以上の宿泊施設があって東日本屈指の温泉街だったかもしれませんが、それを言ったらどこの温泉街もこの半世紀で旅館数は激減してますからね。 どう考えたって草津温泉の方が上でしょう。宿泊施設の規模でも、訪問客数でも。

1人がナイス!しています

2

草津温泉だと思います。 温泉番付西の横綱が別府なら東の横綱は草津と並び称されることが多いです。 温泉街の規模も大きく、伝統的です。 湧出量日本一の別府に自噴湧出量日本一の草津。 温泉研究家の石川理夫著の本物の日本の名湯ベスト100の第一位が草津温泉、第二位が別府温泉郷と、あらゆる点で日本を代表するトップ2の温泉地かと思います。

2人がナイス!しています