生命保険についての質問です。 この度彼と結婚することになり、各々両親とお金についてなどの話をしました。

生命保険74閲覧

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(3件)

0

生命保険なら、質問者様のために入ったのでは? 旦那様と旦那様のお母様が万が一のことを考えて質問者様のために入ったのだと思います。 払った保険料は年末調整の時にいくらか所得税が戻ってきますし、、

私なら社会人なってすぐ掛け捨ての医療保険だけは入りました。 何かあった時、個室がいいし、先進医療も受けたいし、でも貯金は取り崩したくないと思ったので。 人によっては、掛け捨てなんて勿体無い!って思われるでしょうけど、 万が一のお守りだと思ってますし、私は勿体無いと思ってないです。 個人年金保険等をしていないのは自分で投資しているからです。

0

『民間保険』や『社会の公的保障』の仕組みなど学んでみたら良いです! 学校で教えてくれないジャンルなんで、学び方も誰から?どんな内容を学ぶのか? 非常に難しいかと思いますが、とりあえず、公的な保障から学ぶと良いでしょう! 注意するのは… YouTubeなどバズりを狙った根拠ない不要論は注意しましょう! かなり偏った考え方であり、家族の状況やライフプランを無視した内容になっています で、生命保険は… 結婚を機に見直しすると良いかも?しれません 今現在、あなたは保険の大切さを1ミリもわかってないのかと思います 例えば… お二人でマンションをローンで購入する事になりました。 まだお子さんはいません で、運悪く数年後に旦那さんに万が一となると… どーなるか? ご夫婦の財産であるマンションや資産は相続する事になります。 マンションのローンは団信(保険)で無料になります ここまでは良い展開! ローンが保険のおかげでなくなりましたからね しかし、貴女だけが法定相続人ではなく、旦那さんの親も相続を受ける権利があります (子供がいないので) 実際の経験からすると… 旦那さんの親と嫁は争います 特に子供がいない場合は、旦那の親と接点が薄くなるのでモメるのです しかし、もし?保険に加入していて、貴女が受取人なら? 保険の受取人は固有の財産として受け取れます。 相続関係なしに設定金額(保険金額)を受け取れます 旦那の親とは、お金で解決する事ができるのです! さらに保険金は貴女の当面の生活費になるかも知れません。 この例以外にも… 保険の恩恵はたくさんあります。 で、先にもいいましたが 家族や貴女を守るための保険になるように見直しが必要となるでしょう 特に、独身時代は、受取人は親に設定されていると思いますが… 貴女に変更も必要になってくるでしょう! とは言え、 どんな保障内容か?わかりませんし、ご夫婦のライフプランもわかりませんので… この先のご夫婦の人生! どうしたいか?など考えつつ 保険にできること 保険以外でもできること 保険にしかできないこと 公的な保障(保険以外でもできること)も含めて学びながら、ライフプランに合わせて見直して下さい! 1万円を食費?良い家? たしかに魅力的かもしれません。 が、それと引き換えに… 万が一の場合は厳しくなる場合もあります 必要保障額を算出して、足りない分を保険で備える これも大事です あと、もう一つ例えを… 若い方に貯金のアンケートを取った結果!こんな事がわかっています ①貯金額を決めて、残った分で生活費とする人 ②生活費から余った分を貯蓄に回すという人 結果はすぐわかるかと思いますが… ①の方がしっかり貯蓄ができていて ②の方がほぼ貯蓄はできていなかった 貯蓄や保険だったり将来に使いたいお金は… 先に引いておく! 別な財布(口座など)で管理する 必要なお金を差し引いて、残ったお金で生活することを最初からやると?それが習慣となります! 今使うか?後から使うか? 貯蓄や保険は将来の自己投資になります 中々、理解できないかも知れませんが… まずは色々学んでみましょう またわからなくなったら ここでも良いし、皆さんの意見や考えを聞いてみたら良いかと思います 参考にして下さい

0

私は結婚したから生命保険に入りました。 掛け金は二通りあり、見直しするタイプと加入時のままの掛け金。 断然、後者の加入時の掛け金をずっと払う方が良いです。 結婚を機に一度見直してみるといいですよ。 がん保険や失業補償など色々ありますので。 掛け金が毎年見直しとか更新型はやめましょう。 少ない掛け金で大きい補償が一番得する保険です。 ちなみに私の生命保険は毎月1万円ほどです。 高いか安いかは保険内容にもよりますので、一概には言えません。