9÷0.3や、4.5÷30の筆算で、答えの小数点がどっちに動くのかわからないので教えて頂きたいです。

算数91閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

わかりやすい回答ありがとうございました!

お礼日時:5/18 18:07

その他の回答(7件)

0

・ 9÷0.3の考え方、 9000÷300=30 900÷30=30 90÷3=30 つまり、 〔9×(10)〕÷〔0.3×(10)〕➡︎ 90÷3 となりませんか? 9÷0.3 =90÷3 =30 ・ 4.5÷30 の考え方 450÷3000=450/3000=150/1000=15/100=0.15 45÷300=45/300=15/100=0.15 つまり、 〔4.5×(10)〕÷〔30×(10)〕 ➡︎ 45÷300 となりませんか? 4.5÷30 =45÷300 =15/100=0.15

0

小数点を動かす、と教えるからいかんのです。 9÷0.3=(9×10)÷(0.3×10)=90÷3=30 4.5÷30=(4.5÷10)÷(30÷10)=0.45÷3=0.15 基礎を踏まえれば簡単なことですが、 わからないなら基礎を学びましょう。

1

添付の画像のような順番で計算していくことになります。 ↓ なお割り算は→[割られる数]÷[割る数]=商...あまり になります。 そこで ❖【商】の小数点の位置は→割られる数の【新しい小数点の位置】になりますが ❖もし割り切れないで小数点でのあまりを出すときに【あまり】の小数点の位置は→割られる数の【もとの小数点の位置】になります

画像

1人がナイス!しています

0

小数点の左右で言うと右ですが 左右で覚えるんじゃなくて 例えば9÷0.3は 0.3の小数点をなくして整数にした方が計算しやすいから (9×10)÷(0.3×10)=90÷3 にするんだな と覚えた方が忘れないんじゃないですかね 割り算の場合 「割る数」と「割られる数」に同じ数 この時だと(10)をかけても 結果は同じになるので これが「小数点が動く」だと思います 言ってる意味わかりますか? 4.5÷30だと4.5の小数点を無くしたいので (4.5×10)÷(30×10)=45÷300 というカンジでどうですかね?