ヘリコプターが生まれてからドローンができるまでかなり時間が空いていますが、そんなにヘリコプターより難しいのですか?

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(9件)

0
ID非公開

2022/5/11 5:44

昔から有線ドローンはある、ドローンと呼んでいなかっただけ。日本製のコピー品に過ぎない。

0

小型のドローンが発売されるきっかけは、リチウムポリマーバッテリーの普及による。 昔にはなかったからなあ。

0

難しいというか電動だからです。 電動でないと機械式の制御ではあの複雑な制御は出来ないです。 各ローターを個々のモーターで回し回転数を電子制御することで飛んでます。 有人の電動航空機すらまだまだ難しいですし。

0

ドローンは無人ですから操縦は自立か遠隔操縦になりますね。 小型化ということも行われています。 そのためにセンサーや制御機械類も小型で高性能化される必要があります。 それらが統合的にできるようになってできるようになったと考えられます。

1

マルチコプター型のドローンが市販されたことでドローンという単語が有名になったので勘違いされやすいのですが、本来ドローンとは軍事分野で使われていた無人航空機の通称です。ヘリコプターが実用化されるよりも前から複葉プロペラ機型のドローンは存在しました。ヘリコプター型のドローンもヘリコプターが実用化されて間もなく開発が始まっています。海上自衛隊が1960年代から70年代に掛けて使っていたアメリカ製のDASHという無人ヘリがあったんですが、このDASHとはドローン・アンチサブマリン・ヘリコプターの略でした。魚雷を積んで潜水艦を攻撃するドローン兵器です。 https://www.youtube.com/watch?v=sFFjjWUVoXY

1人がナイス!しています