回答受付が終了しました

ID非公開

2022/5/5 18:03

1010回答

美大行ってデザイナーや絵描きになって美術系の仕事に就きたいとも思うし裕福な生活したいとも思っていて悩んでいます、、

将来の夢268閲覧

回答(10件)

0

あなたが思い描いてる生活なのかわかりませんが、知り合いに普通大学卒業後、美術系短大日本画いって画家?となり頑張っている人がいます もちろん実家の援助もあっての上で、滋賀に田舎?にアトリエで暮らし、カルチャーとかで教えていたり個展開いたりしてます 入賞とか大賞にも入る人ですので作品を公費で買い上げてもらうこともあります 画廊もついていますし、自身も時々絵を購入する立場です 元々才能があったのだと思いますが、美術系短大2年間だけです この生活が裕福?はどうかなぁ 華やかに見える世界ですが、仕事は案外地味でコツコツとやる感じです 自身も美大デザイン卒です 兄も有名美大日本画卒です 自身は普通に生活できるくらいの職についているです 自身設計関連のデザインでしたから潰しもきいたようです あなたが発信した作品等をどのように取るのかは受ける側の感性です こうとって欲しいとかとかはあなたの一方的要求です 甘えは禁物です 頭いいなら上の大学いって良さげな企業選んでそこそこの生活を甘んじるか、起業でもして自身の本領発揮するかです 絵を描く事を仕事にするのではなく、結果仕事になったが正解かな

0

>国公立に入れる頭はあります。 >なのでそこから就職努力すれば安定した職に就けると思います。 そうだと思いますよ。 美大はともかく、国公立に入れる能力があるのならば そのまま、それなりの企業に就職できる可能性も高いでしょうね。 誰にでも短所はありますので、 そこは改善させる努力ができれば良いと思います。 美大を目指す場合は、それなりの準備が必要です。 受験用の実技対策のために、 高2なら、美大予備校に今すぐ相談してください。 小さい頃の受賞歴などは、受験に一切関係ありません。 予備校の様子を見れば、美大受験をするべきか 国公立の大学を受験すべきか、 どちらが自分に合うか?がわかるのではないかと思います。 今からだと、準備の時間も余裕があるわけではないので 自分の強みを活かせる道を選ぶのが現実的だし、 それが無難なのではないでしょうか。

1

一般大に入って普通の会社で働いて節約して毎月10万ぐらい貯金して、5-10年後に田舎の一軒家を買う、がいいところだと思いますよ

1人がナイス!しています

1

特待生として美大に入学しましょう。そうすれば学費は無料、もしくは大幅に減額されます。絵描きで食っていける人なら特待生として合格できます。合格できなかったら自分は絵で食っていけるような人間ではなかったと諦めて、普通の大学に進学してください。

1人がナイス!しています

2

>沢山稼いだお金で自然の綺麗な場所に別荘建ててみたい、とも思っています、、。 別荘はおカネの無駄です。 年にトータル1ヶ月住むために、 維持コスト、税金が100万円はかかります。掃除や草むしりも必要です。 そんなカネとヒマがあるなら、高級ホテルに泊まった方がトクです。行先も思いのまま選択出来ます。ま、高校生だから、ワカッテないんでしょうが(笑) >絵関係の仕事ではお金持ちになれるのもほんの一握りですし、 絵描きだけでなく、労働収入だけでお金持ちになれる人は一握りです。 お金持ちになったひとは、投資をしています。株、不動産などの投資と税金の知識を学ぶべきですね。FPの資格を取るのも良いでしょう。 >奨学金で借金ということになります。 高卒と大卒の生涯収入差は1億円です。 奨学金を1000万円借りても、楽にペイします。借りて、大学に行きましょう。 >どうするのが良いんでしょう、 フツーの大学で、経済学、経営学を学びつつ、趣味で絵を描き続ける。 どっかの企業に勤めて、投資資金を貯めながら、絵を描き続ける。 絵の才能があれば、ネットにアップすることで、絵描きの収入も貰える。才能が無ければ、企業に勤め続ける。 そうしながら、投資で少しづつ儲けていく。 貴女の最終目的は金持ちになることであって、絵描きになることではないんですよね。絵で楽に金持ちになれないかなあ、という願望があるだけで。 そういう人は美大に行かない方がいいです。カネ勘定抜きで、本気で、美大で絵を表現しようとしている方には、絶対に負けますから。 また、絵を描く時間が無駄です。絵で金持ちになるという、ほんのわずかな可能性に、自分の時間を投下することが無駄です。投資の勉強をするべきです。

2人がナイス!しています

絵で楽に儲けたいなら、 明石家さんまの画商プロジェクトに応募してみたら? 売れない画家だったのに、さんまがテレビの全国区でプロデュースしてくれて、年間3000万円以上売り上げた、なんてことも。